元橋 一郎 弁護士|神田お玉ヶ池法律事務所|利益は最大限に尽力します

弁護士紹介
元橋 一郎
【得意分野】
不動産・建築/成年後見/詐欺被害・消費者被害/医療問題/離婚
【所属弁護士会】
東京投資被害弁護士研究会
当事務所の元橋一郎弁護士は、事務所近くの松枝町(旧名)で生まれ育ち生家は古くからの布地織物の卸問屋や不動産賃貸業を営んでおりました。
現在ではビルのオーナー業も行っています。
事務所開設当初は、債務整理、ヤミ金対策、医療過誤を行っていました。最近では、知り合いから紹介される借地等の不動産関係の事件や債権回収事件が増えています。

弁護士プロフィール
 弁護士 元橋 一郎 motohashi ichiro
得意分野 不動産・建築/成年後見/詐欺被害・消費者被害/医療問題/離婚
所属弁護士会 東京投資被害弁護士研究会
 経 歴
昭和57年 慶應義塾高校卒業
昭和63年 東京医科歯科大学歯学部歯学科卒業
平成元年 東京都庁勤務(税務事務、民事訴訟事務、法規審査事務に従事)
平成7年 司法試験合格
平成10年 東京大学法学政治学研究科修士課程 公法専修コース 修了
  都内法律事務所勤務
平成15年 神田お玉ヶ池法律事務所開設
 ご挨拶
 ご依頼頂いた方の利益が最大限に実現さえるよう力を尽くして参ります。
特に、不動産、相続、医療過誤に関しては、ほかの弁護士と比べ取扱い件数が多いため、難しい問題でもスムーズにご相談できる場合が多くあります。
 不動産に関しては、都庁の固定資産税事務の経験から、建物の特定、土地の評価に関する細かい問題点にも通じています。
また、不動産では、土地の由来、歴史が関係する事件が多くありますが、古い不動産の様々な調査方法も知っています。明け渡し執行等のご依頼もお受けします。
 不動産の処分は、高齢の場合が多くあります。高齢者、障害者の不動産処分や、投資詐欺被害対策を含む財産管理のため、成年後見業務を行っています。
 経験15年余りの男性弁護士と、研究熱心な女性弁護士が所属しておりますので、2名の弁護士で相談しながら対応し、丁寧なご説明をします。