正野 嘉人 弁護士|Duelパートナー法律事務所|あなたの目線で、あなたの悩みを解決します。

弁護士紹介
正野 嘉人
中小企業及び個人の民事・商事・刑事事件を広く扱いますが、特に消費者被害事件、労働問題、交通事故、借地借家、親族・相続、外国人(入管を含む)等を得意としています。中小企業の事業承継問題にも対応するほか、一般社団法人・信託を活用した節税対策・相続対策もご紹介します。インターネットに関する様々な問題(名誉棄損・個人情報漏えい・著作権侵害・ネットショップやオークションに関するトラブル等)にも広くご相談に応じます。
弁護士プロフィール
 弁護士 正野 嘉人 Shono Yoshito
得意分野 消費者被害(悪徳商法・ネット被害、オレオレ詐欺等)、労働問題(主として労働者側)、交通事故、親族・相続(中小企業の承継問題を含む)、著作権、借地借家、外国人(入管含む)
所属弁護士会 東京弁護士会所属。東大法曹界、開成法曹界、東京JC・OB会、東京イーストライオンズクラブ等。
 経 歴
昭和59年3月 東京大学法学部卒業。司法修習生(38期)となる。
昭和61年4月 弁護士登録。東京綜合法律事務所入所。
平成元年4月 東京綜合法律事務所のパートナーとなる。
平成28年6月 Duelパートナー法律事務所開設。
平成29年4月 パートナー弁護士を迎え入れDuelパートナー法律事務所に名称変更。今日に至る。
 ご挨拶
 一般に弁護士は費用も高く、敷居も高いと思われている方々が多いと思います。そのためか、本当に手に負えない状況にまで追いつめられてから、漸く相談に来られるという方が多く、「もう少し早く来て頂けていたら…」と思うことがしばしばあります。
 収拾がつかない事態にまで陥っていると、弁護士にできることも限られてきますし、費用や時間も余分にかかることになります。
 法廷で複雑な手続きを踏まなければならない場合はその分費用もかさみますが、事前の相談などではそれほど費用も高額にはなりません。
 ご相談時期が早ければ早い程、打てる手も多く、費用や時間も少なくて済み、より良い結果も導くことができますので、なるべく早くご相談下さい。