不動産投資 本 3億円稼ぐまでのリスクと事件|ぶった斬り博士




これから不動産事業を始める方に
本当の不動産投資のコトお伝えします!
第1章 入居者のことを考え、真面目に管理・運営する覚悟なき者は去るべし!
不動産経営は管理・運営業務が命!管理・運営がきちんとできなければ、不動産経営は成り立ちません。しかし管理・運営業務は、決して甘いものではありません。物件を管理・運営するうえで知っておくべきことは何か、どのようなクレーム・トラブルが発生しうるのか......。この章ではまず、不動産経営の核「管理・運営業務に関する誤解や思い込み」をぶった斬ります!
第2章 手を出す前に考えるべき、不動産経営の基本!
第 2 章では、「それでも、不動産経営をやりたい」という方のために、不動産経営を始めるにあたって知っておいた方が良いこと、考えるべきことをお伝えしたいと思います。そもそも不動産経営とはどういったものなのか、事業として不動産経営を考えるうえで、まず注意するべきことは何か......。この章では「不動産経営の基本」に関する誤解や思い込みをぶった斬ります!  立ち読み
 
第3章 パターン別・物件の選び方
管理・運営業務も大切ですが、不動産経営を事業として成功させるためには、何よりもまず「良い」物件を適正な価格で手に入れる必要があります。そして、土地を取得し、新たに建物を建てる場合や、既存の物件を買う場合など、賃貸不動産物件を手に入れる方法はさまざまです。
この章では、物件のタイプ別に、物件選びにおいて注意するべきポイントをお話ししましょう。
 
第4章 知っておきたい「お金」の話
金融機関と不動産経営は切っても切れない仲です。しかし、融資まわりのことについて正確に把握している人は多くありません。いくらのお金をどのくらいの金利・期間で借りると、トータルでどれだけの利息を払うことになるのか。投資本などに書かれている、「自己資金がなくても大丈夫」といった言葉を鵜呑みにしてしまってもいいのか。この章では、「お金」に関する誤解や思い込みをぶった斬ります!
 
はじめに
 

私はふだん「不動産投資」という言葉をあまり使わないようにしています。なぜなら不動産投資は「人が生活する場」への投資であり、株などの金融商品への投資とは明らかに性質が異なるからです。 そこで本書では、いわゆる「不動産投資」のことを「不動産経営」という言葉で表現したいと思います。
 さて、まずはみなさんに私たちのもとに不動産経営の相談に来られたSさんの例を紹介しましょう。 会社員のSさんは数年前から不動産経営に興味をもち、セミナーに参加したり関連する本を読んだりと、勉強を重ねました。 あるとき、Sさんはセミナー後の懇親会の関で、セミナーの講師や参加者からある中古一棟マンションを勧められました。その後Sさんは実際に現地へ足を選んで物件や周辺環境などをしっかり確認したうえで、以下のような形で購入しました。

……つづく  立ち読み
ぶった斬り博士(ぶったぎりはかせ)

建築会社・不動産会社に勤務後独立、現在都内にて不動産会社、建築設計会社、インターネット会社など5社法人の出資経営を行う。自身でも都内および軽井沢などリゾート地を含め多数の RC 造マンションや不動産用地を所有し不動産運用に携わる。
アマゾン 楽天ブックス