★★★投資不動産業界の裏事情★★★不動産投資をする前に不動産業界を知ってみよう!

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士購入 > ★★★投資不動産業界の裏事情★★★不動産投資をする前に不動産業界を知ってみよう!

★★★投資不動産業界の裏事情★★★不動産投資をする前に不動産業界を知ってみよう!

シェア
ツイート
LINEで送る

富士企画株式会社 取締役 新川 義忠

富士企画株式会社取締役兼営業部長。1972年、福岡県北九州市生まれ。住宅設備会社勤務を経て不動産投資専門会社に入社。トップ営業マンとして1000件以上の物件売買に携わる。2012年富士企画株式会社を設立。個人投資家向けに不動産投資のアドバイスや物件紹介、購入後のサポートを行う。

投資物件を専門に取り扱いはじめて17年以上。酸いも甘いも色々と経験してきました。アパート経営を成功するにはいいパートナーと巡り合えた方がいいんです!そのパートナーに欠かせないのが不動産業者さん。その不動産業者の本音を交えながら色々とお伝えさせていただきます。不動産投資に対する不安や疑問を取り除けることが出来れば幸いです。ネタが尽きるまで1週間に1回のペースで更新しますので、どうぞチェックしてみてください。

不動産投資をする前に不動産業界を知ってみよう

不動産業界って、私自身も感じておりますがちょっと怖いイメージがありますよね。

不動産投資を始める時に必ず、絡んでくるのが不動産会社さんですよね。

その不動産業界を知ることによって、失敗しない確率はきっと上がると思います。


投資物件一筋で17年以上の経験があるからこそお伝え出来る不動産屋の視点から

不動産投資の話をふかーくお伝えしたいと思います。


最近は不動産投資がブームになっているので、なかなかいい物件がないよね~

そんな声が沢山聞こえて来ております。


本当にそうなのか?
 

投資物件専門会社に一ヶ月に来る問合せ件数は?

投資物件を専門に取り扱っている不動産会社で、

各営業マンに毎月何人位のお客さんが与えられていると思いますか?


一般住宅は多くても10人程度らしいです。


私の経験上では、新規で毎月15名から40名位でしょうか?

1人で30人も新規で受けていたら、個人差はありますが多すぎです。


この数字は15年前もからもこんな感じでした。

毎月新規のお客さんが投資物件を買いたい!って問い合わせが来るんです。


色々な集客方法がありますが、

ポータルサイトを上手に使えている会社であれば、この位の数字は当り前だと思います。


私が前職から独立した時は、お客さんが0人だったので、

とりあえず、一ヶ月60人ほどの問合せを集めてました。

でも3ヶ月後にはセーブして、毎月15名程のお問合せ数に調整しました。


このように投資物件は過熱しているので、物件を買いたいと思っている人を集めるのは

上手にポータルサイトを使えれば、問合せ数は沢山とれるんです。

ただ対応出来なくなるから、セーブしながらやっているのが現状です。


営業マン1人に毎月20人ほどのお客さんが来て、

また来月には、20人ほどのお客さんが来て、

これを半年も続けたら、あっと言う間に120人位のお客さんから

いい物件が出たら紹介してね!インターネットに公開する前に教えてね!

ほとんどの方に、こんな感じで言われております。

不動産会社への問合せ方法は大きく分けて3種類でしょうか。

メールでのお問合せ。
電話での問い合わせ。
訪問による問合せ。

この3種類の問い合わせ方法で、
営業マンに毎月20人ほどの物件を買いたいって依頼があるんです。
 

シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2016年3月23日 (公開日:2016年3月31日)

富士企画株式会社 取締役 新川 義忠の記事

すべての記事

新着記事

購入の記事

購入の新着記事

購入の人気記事

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…

PAGE TOP