誰もが知りたい確定申告のテクニックとは?その1 青色申告特別控除の活用

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士相続 税金 > 誰もが知りたい確定申告のテクニックとは?その1 青色申告特別控除の活用

誰もが知りたい確定申告のテクニックとは?その1 青色申告特別控除の活用

シェア
ツイート
LINEで送る

税理士法人シリウス

シリウスグループでは、事業立上げ時においては法人成りの有利不利の検討、資金調達に関するアドバイスを行い、会社の設立手続についても全面的にサポートいたします。

大家さんが知りたい確定申告のテクニックをご紹介します。第1回目は、青色申告特別控除の活用です。

65万円特別控除と10万円特別控除

大家さんの確定申告書を拝見していて、「こうすれば税金がもっと安くなるのに」と思うことがあります。そのうちの一つとして青色申告特別控除の活用があります。
青色申告特別控除は、青色申告(帳簿付け)を行っている方に適用される特典で10万円又は65万円を特別控除として必要経費にすることができます。これは、実際に支出している経費とは違い、支出を伴わない経費なので資金繰りを圧迫せずに節税ができるため個人事業主の方は是非とも受けたい特典です。
10万円特別控除は、事業の規模や備え付ける帳簿の種類に関わらず青色申告を選択した方全員が受けることができます。一方で65万円特別控除は、「事業的規模の貸付※」で複式簿記による帳簿を備え付けることで受けることができるため、大家さん全員が適用できるわけではありません。
※事業的規模
 戸建てなど独立した家屋・・・おおむね5棟以上の貸付
                    
                     5棟以上

 マンションやアパート・・・・おおむね10室以上の貸付
                   
                    10室以上
 

複式簿記による帳簿の備え付け

大家さんから税金のご相談を受けていますと、貸付規模的には65万円特別控除の条件を満たしているのに複式簿記による帳簿を備え付けていないために65万円特別控除を受けていない方が意外といらっしゃいます。私が先日、ご相談を受けた大家さんがまさにそのような方で複式簿記による帳簿を備え付けるとプラスで55万円経費を多く計上することができるのにずっと10万円特別控除で申告されていました。私が複式簿記のお手伝いをさせていただくことで税理士報酬を差し引いても10万円ちょっと得する結果となりました。
複式簿記による帳簿を備え付けることは簡単なことではありません。まだ65万円特別控除を受けていない方はこの機会に一度税理士に相談してみてはいかがでしょうか。
 

シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2016年4月1日 (公開日:2016年4月1日)

税理士法人シリウスの記事

すべての記事

新着記事

相続 税金の記事

相続 税金の新着記事

相続 税金の人気記事

【こんな記事も読まれています】

  • 金に執着しすぎる経営者によくある行動って?
  • ★★★投資不動産業界の裏事情★★★ 融資が出やすい時期
  • 注目のマイナンバーとは何か?その2 各種税務手続きへの影響
  • 注目のマイナンバーとは何か?その1 マイナンバーの概要
  • 競合物件と差がつく!10年後を見据えた賢い選択って何?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…

PAGE TOP