★★★投資不動産業界の裏事情★★★ 投資物件を扱える会社|富士企画株式会社 取締役 新川 義忠

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム売却のコラム > ★★★投資不動産業界の裏事情★★★ 投資物件を扱える会社

★★★投資不動産業界の裏事情★★★ 投資物件を扱える会社

富士企画株式会社 取締役 新川 義忠

富士企画株式会社取締役兼営業部長。1972年、福岡県北九州市生まれ。住宅設備会社勤務を経て不動産投資専門会社に入社。トップ営業マンとして1000件以上の物件売買に携わる。2012年富士企画株式会社を設立。個人投資家向けに不動産投資のアドバイスや物件紹介、購入後のサポートを行う。

投資物件を専門に取り扱いはじめて17年以上。酸いも甘いも色々と経験してきました。アパート経営を成功するにはいいパートナーと巡り合えた方がいいんです!そのパートナーに欠かせないのが不動産業者さん。その不動産業者の本音を交えながら色々とお伝えさせていただきます。不動産投資に対する不安や疑問を取り除けることが出来れば幸いです。ネタが尽きるまで1週間に1回のペースで更新しますので、どうぞチェックしてみてください。

不動産屋であれば、誰でも投資物件は取り扱える。

前回は不動産会社の選び方を説明しました。

免許番号で判断するのは、間違うケースもありますよ。

そんな話をしました。

本日は、さらにもっと深く掘り進んでみようと思います。


不動産会社と言っても色々な会社があります。

大きく別けると、売買と賃貸の2つです。

この2つは全く違う仕事をしますし、働いている人達の雰囲気も異なります。

物件を購入する視点からの話は沢山ありますが、

今回は、売却を中心に話をさせていただきます。


物件を売却しようとした場合誰に相談しますか?

①知り合いの不動産会社
②管理会社
③物件の近くの地場の不動産会社
④大手の不動産会社
⑤投資専門の不動産会社

誰に頼んでも、不動産会社であればみんな取り扱うことが出来ると思います。

では、どのタイプの会社がいいでしょうか?
 

不動産会社も色々とタイプがあります。

まず理解してもらいたいことが、不動産屋さんにも得意。不得意があるということです。

全てのタイプが得意って会社は、ほぼいないと思っていいと思います。


売買の会社でどんなタイプの不動産屋があるのか?

買取がメインなのか仲介がメインなのか?

どっちのタイプに相談するかによって答えが違ってくると思います。


★売却理由によって選ぶべし。

とにかく急いでいて多少安くても細かいことを言われない方がいい人は買取

少し高く売れるのであれば、時間が掛かってもいい場合は仲介


不動産会社なんてどこに頼んでも同じなんて思ったら大間違いですよ!

たまに、なんでこんなに安く売りにでているんだ!?

即日に購入申込が殺到するケースが多いです。

これは、よっぽど急いでいる場合を除いて、

価格の設定を間違っているといつも思います。


売却を依頼する人は、少なくともその不動産会社を信用して
アドバイスを聞いて売却価格を決めていると思います。

でも、毎月そんな格安物件が何本も出て来ております。

これはしょうがないことなのかもしれませんが、

相談する相手によって答えが違うってことを知って下さい。


冒頭の題名ですが、

【不動産会社であれば、投資物件は取り扱えます】

これが厄介なんですよね(>_<)

 

更新日:2016年4月19日 (公開日:2017年6月25日)

富士企画株式会社 取締役 新川 義忠の記事

売却の記事

売却の新着記事

売却の人気記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

PAGE TOP