専業大家の考える中古住宅ストックの活用、現況地価の右肩上がりの上昇が見込めない!-空き家フォーラム行って来ました!|和田 寛

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > 専業大家の考える中古住宅ストックの活用、現況地価の右肩上がりの上昇が見込めない!-空き家フォーラム行って来ました!

専業大家の考える中古住宅ストックの活用、現況地価の右肩上がりの上昇が見込めない!-空き家フォーラム行って来ました!

いいね・コインとは?
気になった数 51
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 和田 寛

賃貸経営と不動産投資をしてる専業大家です。個人と不動産管理法人で物件を所有しています。常コミュニケーションを大事にして、適度なテナントリテンションを実施しています。

皆様、こんにちは専業大家の和田寛です。
今日(5/18)「空き家フォーラム」に行って来ました。

そもそも「空き家」とは?

本日、ニッショーホールで行われた「中古住宅・空き家フォーラム」に行って来ました。
主催者は不動産7団体で、国土交通省が後援しています。

二部構成で、前半の基調講演は株式会社 日本総研理事長:高橋 進氏でした。



政府諮問機関の委員らしく、アベノミクス3年間の成果・概要から始まり、完全にデフレから脱却出来ない要因の一つに、企業は賃金の引き上げや設備・人的投資に消極的で、他方家計は消費を抑制し、「貯蓄から投資へ」も進まず。若年世代は将来不安が強く消費マインドが悪化。高齢世代も長生きリスクを意識し始めている。

要は、動きの鈍いフローに対して、官民の手元にあるストック(企業の内部留保、高齢者世帯を中心とした金融資産、不動産等)が動き出せば、需要の喚起は可能である事。
ストックが動き出すための環境整備、政策的テコ入れが必要である事。

高橋氏が挙げていたのは、
①ストック効果の最大化を図る社会資本整備
②接続可能な都市構造の必要性
③公共施設のストック・マネジメント等でした。

本題に入って‥なぜ、日本では住宅ストックが活用できないのか?

その理由として、
①目減りする住宅ストック→「新築偏重」「木造戸建は約20年で価値ゼロ」
②増加する空き家→資産価値がないゆえに手も入れられず、放置された空き家が増加。
③新築住宅需要の減少→人口減少下で新築住宅需要は減少。
等を上げていました。

私が此処で注目したのは‥下記2点です。
①の中古住宅ストックの活用に向けて、現況地価の右肩上がりの上昇が見込めない中、住宅の建物部分が約20年で一律に減価する形では、中高年層の住み替え資金確保が出来ない。

しかし、建物の評価の改善と中古住宅流通促進により、ライフスタイルの中で住み替え・生活資金の確保が可能となる。

②ある一定数の空き家は、住み替え需要のために必要だが、少子高齢化の下で空き家はさらに増加が見込まれる。また、空き家の増加に伴い様々な問題が発生する。

想定される問題として‥①防災生の劣化、②防犯性の低下、③ゴミの不法投棄等が挙げられます。
これに対して行政は実態把握、特別措置法の施行等を行いました。今後はより一層の活用に向けて、民泊や子育て世代への低家賃貸与等の実施が望まれます。

最後にまとめとして、住宅を含む不動産の流動化などの資産ストックの活用を通じて、国民サービスの向上や需給のミスマッチの解消、新たな需要の創出を図り、経済成長を実現していく事で締め括っていました。

とても興味があり有意義なセミナーでした。
次回は皆様も是非ご参加ください。



 

いいね・コインとは?
気になった数 51
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月20日 (公開日:2016年5月25日)

和田 寛の記事

購入の記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP