調査から工事までの流れをご説明致します。|アイプロ株式会社 代表取締役 森 幸夫

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラムお悩みQ&Aのコラム > 調査から工事までの流れをご説明致します。

調査から工事までの流れをご説明致します。

いいね・コインとは?
気になった数 84
シェア
ツイート
LINEで送る

その他識者 アイプロ株式会社 代表取締役 森 幸夫

埼玉県でリフォーム会社を営んでいる森幸夫と言います。助成金・損保の有効活用で低コストでリフォームができるご提案を行っております。火災保険は、今現在入っている保険の有効活用です。自然災害で屋根等が壊れた場合、保険が適用できます。

今回から調査から工事までの一連の流れをお話し致します。今回は調査の説明を致します。

調査で調べることは?

まず、今までのお客様で一番多い悩みは、下記のとおりです。

①雨漏りしてないか気になる。
②台風や強風、ゲリラ豪雨などで屋根が心配。
③雨樋が曲がっているようだ。
④訪問販売業者に修理を迫られた。
⑤経年劣化か自然災害かわからない。
⑥そもそも屋根が壊れているか見えないのでわからない。
⑦費用がいくらかかるかわからない。
⑧どの会社に頼んで良いかわからない。


上記のようなことが多いのが実情です。

まず、①雨漏りしていないか気になる。ですが、

一番、心配なことの理由になる内容ですが、天井にシミができた、築年数がかなり古いなどので、雨漏りが心配ということです。

これは、大きく分けて、カラーベストと瓦のふたつについて説明します。
カラーベストの場合、屋根のてっぺん部分の板金があります。板金のところは、貫板のあとに、板金をかぶせて釘で止める作業内容になります。

カラーベストを貼る工事は、コンパネ、防水シート、カラーベストの作業の順番になります。雨漏りが起こりやすい部分は、築年数にもよりますが、板金の浮きから雨水が入り、貫板が痛み、水は入るというような流れになります。

調査時に必要な内容は、板金の浮き、釘の浮き、カラーベストの割れやヒビが該当します。
それによって雨漏りがしていないかも調べます。

築年数が、30年とか40年近い建物になると雨漏りの心配があります。それは、上記の内容ですぐには、雨漏りがしないにしてもほっておくといずれは、防水シートが破れて雨漏りします。

次に瓦の場合ですが、瓦の割れ、漆喰の損傷、番線の切れ、棟瓦のゆがみ、鬼瓦の損傷などが該当します。この場合もほっておくと雨漏りの原因になります。

②台風や強風、ゲリラ豪雨などで屋根が心配。ですが、

最近多い、台風や強風、ゲリラ豪雨ですが、この場合は、棟板金が飛んだ、瓦が飛んだ等や、
横からの雨の場合、一番多いのが、和室の窓からの侵入が考えられます。

③雨樋が曲がっているようだ。ですが、

関東で言えば、約2年前の大雪の影響がもっとも多い理由になります。
雨樋の種類も大きくわけて2種類ありますが、角樋、半丸があります。
雪で、雨樋がゆがむケースや割れてしまうケースなどで該当すかしないかが調査で行うことになります。

①の屋根の場合や③の雨樋の場合の損傷が調査でわかった場合ですが、保険金として支払われる内容で重要なことは、足場代です。屋根工事、雨樋工事等の場合、足場は必ずと言ってよいほど、足場が必要になります。その足場代も保険で降りる内容です。

今回はここまでです。次回は、④からの続きをご説明致します。
 

いいね・コインとは?
気になった数 84
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年8月22日 (公開日:2016年6月6日)

アイプロ株式会社 代表取締役 森 幸夫の記事

お悩みQ&Aの記事

お悩みQ&Aの新着記事

お悩みQ&Aの人気記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

関連おすすめ特集

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

お悩みQ&Aの特集一覧

博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法

お悩みQ&Aの特集

コラム特集

PAGE TOP