やっぱり、オーダーメイドがいいね〜♬③|和田 寛

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > やっぱり、オーダーメイドがいいね〜♬③

やっぱり、オーダーメイドがいいね〜♬③

和田 寛

賃貸経営と不動産投資をしてる専業大家です。個人と不動産管理法人で物件を所有しています。常コミュニケーションを大事にして、適度なテナントリテンションを実施しています。

「何処の誰かは知らな〜いけれど、誰もがみ〜んな知っている」
皆様、こんにちは専業大家の和田寛です。
今回は「連立三元一次方程式」の解?について解説致します(笑)

そもそも「連立三元一次方程式」とは?


ズバリ言って‥
①土地の仕込み②建築業者との交渉③金融機関との交渉に成ります。

①土地の仕込み
→指値をして、土地購入に関して出来るだけ出費を抑える。レインズに掲載されてどのくらいの期間が経っているか?何で、売れ残っているのか?等、指値出来る要件を捜します。

②建築業者との交渉
→請負業者との交渉をする。因みに1世帯あたり約600万円くらいが相場なので、6世帯であれば3,600万円になります。ここからどれだけネゴ押し出来るかが重要になります。

③金融機関(銀行等)との交渉
→基本的に銀行の融資担当者は持込案件に対して融資することを前提で考えています。しかし、相反する審査部との社内営業があり、日々バトルを繰り返しています。

担当者が、ネチコチと質問をしてきたり、追加資料を要求して来たら、間違いなく脈アリですねぇ〜♬ NGの場合「ごめんなさい。」で終わります。

よって、この解を導き出す為には‥
①②③をコーディネート出来る人が必要になります。
私の場合は、前出のF氏になります。
要は、コーディネーターの良し悪しが全てになります。

皆様も是非、ご検討ください。
 

更新日:2016年6月28日 (公開日:2017年6月23日)

和田 寛の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

PAGE TOP