賃貸セミナー&物件見学会に行って来ました〜♬|和田 寛

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 賃貸セミナー&物件見学会に行って来ました〜♬

賃貸セミナー&物件見学会に行って来ました〜♬

いいね・コインとは?
気になった数 74
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 和田 寛

賃貸経営と不動産投資をしてる専業大家です。個人と不動産管理法人で物件を所有しています。常コミュニケーションを大事にして、適度なテナントリテンションを実施しています。

皆様、こんにちは専業大家の和田寛です。
今回は、先日行きました某出版社&某ハウスメーカー主催の「賃貸セミナー&物件見学会」について書きたいと思います。

第一部 賃貸セミナーに関して‥

第一部は、某出版会社の代表取締役による「賃貸管理」に関してのセミナーです。

開口一番〜!「入居者目線で考える 7つのポイント」ですねぇ〜♬
①家賃は相場家賃より割安にすること。→長期安定契約への布石
②長く住むほど得するサービスの実施する。→例えば、更新時の家賃割引等
③時には、サプライズプレゼントを贈る。→更新時に、商品券を贈る等
④緩やかなコミュニティーを創出する。→例、バーベキュー大会等
⑤オーナーに見守られている安心感を演出する。→クリスマス等のイベントの飾り付け
⑥トラブルにはスピード感を持って対応する。→更に、未然の予防
⑦随意、アンケートを実施して不満を知る。


また、我々大家と付き合いのある「管理会社の選び方」に関しては、
下記の点を留意するよう指摘がありました。

①財務面では、帝国データバンクの評点が53点以上であること。
②入居率では、23区内95%以上、市部・横浜・川崎では92%以上であること。
③1ヶ月以上の滞納率が2%以内であること。
④管理戸数は最低1000戸であること。
⑤現状復帰時のクロス貼り替え代金が、1000円/平米以内であること。

そして、納得がいかない場合「管理会社の変更」になりますが‥
①思っている以上に、変更手続きは簡単。
②管理会社変更で、退去につながることはほぼ無い。
③大事なことは、既契約の解約条項を確認すること。

やはり、入居者・大家・管理会社は三位一体なんですねぇ〜♬
昭和の時代は、大家目線→上から目線「貸してやっているんだ」でしたが、
今は、既に入居者目線→「拘りの賃貸に住んでもらう」に変化しています。





 

いいね・コインとは?
気になった数 74
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年8月21日 (公開日:2016年7月19日)

和田 寛の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

空室対策の特集一覧

博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法

コラム特集

PAGE TOP