★★★投資不動産業界の裏事情★★★ 市場が高騰しているのはなぜ?|富士企画株式会社 取締役 新川 義忠

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > ★★★投資不動産業界の裏事情★★★ 市場が高騰しているのはなぜ?

★★★投資不動産業界の裏事情★★★ 市場が高騰しているのはなぜ?

富士企画株式会社 取締役 新川 義忠

富士企画株式会社取締役兼営業部長。1972年、福岡県北九州市生まれ。住宅設備会社勤務を経て不動産投資専門会社に入社。トップ営業マンとして1000件以上の物件売買に携わる。2012年富士企画株式会社を設立。個人投資家向けに不動産投資のアドバイスや物件紹介、購入後のサポートを行う。

不動産投資物件市場に長年、身を置いているからこそ感じていることがあります。物件が少ないの声が多いが、本当の理由はなんだろう?今回はそんな裏事情を個人的な意見として話てみようと思います。

誰が高く買うの?

投資物件を高く買う人って誰でしょうか?

外国人投資家なのか?

日本人投資家なのか?

法人なのか?

マイナス金利の影響なのか?

オリンピックの影響なのか?

色々な要因はあると思いますが、

この業界にいるからこそ肌で感じていることをお伝え致します。
 

えっ?これも業者が買うんだ~

不動産会社の収益の1つとして、仲介料があります。

仲介料は、売買価格の3%+6万の消費税になります。

1億円の物件を仲介すると300万円になります。

この金額が多いのか少ないのかは別にして、


1億円の物件を9500万に値引き交渉して、安く購入してから

1億円で売ることが出来れば500万の利益になります。


これを現実にやるかどうかも別にしてですが、

商売として、どっちがいいのかを判断すると、

同じ1億円の物件を取り扱うのであれば、仲介か買取再販の違いです。

どっちでも出来る不動産会社であれば、どっちを選択するでしょうか?


安く買って、高く売却した方が、利益は多くなるので、

買取再販の方がいいですよね~


なので、業者の買い取りが増えてるんです。


それで、先日あったことです。

『えぇ!?こんな物件も業者が買うの?』

今まではこんな物件と言ったら失礼ですが、手は出して来ませんでした。


安い物件は、現金で不動産会社にもっていかれるケースは多かったですが、

業者目線で見ると、普通の物件まで買取業者さんが買うようになって来ました( ̄д ̄)


なので、普通の投資家さんは、我々不動産会社さんと戦っているんです。

いい物件には、プロも入って来ておりますので、

スピードが大切ですよ~

 

更新日:2016年7月27日 (公開日:2017年6月28日)

富士企画株式会社 取締役 新川 義忠の記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

PAGE TOP