【第4回】はじめての賃貸経営~大家さんの責任とは?|エジソン法律事務所 大達 一賢

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 【第4回】はじめての賃貸経営~大家さんの責任とは?

【第4回】はじめての賃貸経営~大家さんの責任とは?

シェア
ツイート
LINEで送る

エジソン法律事務所 大達 一賢

相続や不動産案件、離婚、交通事故等個人の方から企業法務も含め、幅広い案件を専門家としての知識と経験を生かして取り扱っています。依頼者目線で正当かつ最大限の利益を実現すべく、慎重かつ柔軟に考え、日々業務に取り組んでいます。

新米大家さんとしてようやくアパート経営という大海に乗り出したXさん。安定的な賃貸経営に向けて夢の第一歩を踏み出したのもつかの間、Xさんに降りかかるトラブルとは?!

アパート経営始めました。

冷やし中華かよ!というには季節も秋めいてきたころですが、全国1億3000万分の1億3000万の読者の皆様、いかがお過ごしでしょうか。

前回、紆余曲折ありながら、やっとの思いでアパート経営を始めたXさん。6部屋あるアパートの全てにおいて入居者が決まり、それぞれが新たな生活を始めたのを確認して、一安心しました。
 
しかし、その安心も束の間。Xさんのもとには様々な苦情が届くようになりました。
その内容は全て、202号室に住むZさんに関わるものでした。
そのなかでも特に問題だったのは、Xさんのアパートはペット禁止なのにもかかわらず、Zさんが猫を飼いはじめてしまった、というものでした。

トラブルの内容とは?

Zさんは家賃を1年分前払いしており、Xさん個人とはそれなりに良好な関係であるため、Xさんとしてはなかなか注意しづらいという現状です。
 
そんな中、ついに事件が起きてしまいます。Zさんの飼い猫が、201号室に勝手に入り込み、室内を軽く荒らしてしまい、201号室の住民であるCさんは大激怒。また、Cさんの奥さんが猫アレルギーであることもあり、CさんはXさんに対し、「今すぐZを追い出せ!さもないと私たちはこの家を出て行く上、損害賠償をZとあなたに請求する!」と、言い放つ始末。

Zさんに現状を説明し、少なくとも猫を飼わないことをお願いしても、Zさんは「大切な家族を手放せというのか!」と、こちらも譲らない状況に。
 

シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2016年9月20日 (公開日:2016年9月20日)

エジソン法律事務所 大達 一賢の記事

賃貸管理の記事

賃貸管理の新着記事

賃貸管理の人気記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…

PAGE TOP