シリーズ第二弾 トラブルにならない仲介会社の選び方 その2|弁護士法人ITJ法律事務所 笠間 健太郎

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム賃貸管理のコラム > シリーズ第二弾 トラブルにならない仲介会社の選び方 その2

シリーズ第二弾 トラブルにならない仲介会社の選び方 その2

いいね・コインとは?
気になった数 81
シェア
ツイート
LINEで送る

弁護士 弁護士法人ITJ法律事務所 笠間 健太郎

こんにちは。弁護士の笠間健太郎です。 私は不動産オーナーの顧問業務を中心に、相続、不動産売買などを取り扱っております。 些細なことでも大きな問題になる前に弁護士に相談してほしい、ということをお伝えできればと思います。

こんにちは。弁護士の笠間健太郎と申します。

前回に引き続き、「トラブルにならない仲介会社の選び方」。賃貸経営にあたって、管理会社・仲介会社を利用される方は多いと思います。
管理会社・仲介会社とのトラブルを中心にご案内いたします。

仲介会社が用意した賃貸借契約書をよーく見る

不動産賃貸を営む大家のOさん。入居者を募集していたところ、ある仲介会社のC社から入居希望者がいるとの連絡を受けました。
大家のOさんとしては、ほっと一安心。
できるだけ早く契約して入居してもらい、できるだけ長く、トラブルもなく、いてほしいなあと思いますよね。

入居者情報を確認して、特に問題もなさそうだったので、Oさんは、契約して入居してもらうことにしました。

ここでOさん、普段よく見る「賃貸経営博士」のコラムを思い出しました。そういえば、誰かが契約書のチェックが大切、と言っていたなあ。Oさんは、「トラブルを防ぐには最初の契約書が肝心」と意気込みました。

そして、仲介業のC社が提示してくれた契約書を読んでみようと、手に取りました。

さて今回は、契約書は仲介業者が用意してくれました。

入居者との賃貸借契約書、みなさんは自分で用意していますか?
用意されている方は、かなりプロの大家さんですね。

大抵は、管理会社や仲介会社が「うちの書式がありますから大丈夫です!」と言ってくるので、Oさんのようにそれを使っていることが多いかもしれません。

もちろん、先方が用意した契約書でもかまいません。
でも、その契約書一語一句読んでいますか?
「全部までは読んでいない」という方も、一定数おられるのではないでしょうか?

複数の物件をお持ちの大家さんの場合、異なる仲介業者を利用した結果、書式がまちまちになっている、なんてこともあるのではないでしょうか。それが一概に悪いとは言い切れないのですが、契約書のチェックの手間が増えてしまいますね。

さて、仮に契約書を見落としてしまったとしても、契約書はたいてい大家さんに有利にできています。
あー、よかった。。。と一安心・・・している場合でもありません。

大家さんに有利にできているということは、入居者さんには不利、つまり入居者側から文句が出てくる可能性があります。

いいね・コインとは?
気になった数 81
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年9月23日 (公開日:2016年9月23日)

弁護士法人ITJ法律事務所 笠間 健太郎の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

の特集一覧

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP