不動産経営の体幹トレーニング 賃貸経営管理士の資格試験を受験しました|株式会社ハウステーション 専務取締役 野田康治

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 不動産経営の体幹トレーニング 賃貸経営管理士の資格試験を受験しました

不動産経営の体幹トレーニング 賃貸経営管理士の資格試験を受験しました

いいね・コインとは?
気になった数 185
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 株式会社ハウステーション 専務取締役 野田康治

株式会社ハウステーション 専務取締役 不動産仲介店営業推進企画室室長・株式会社HSグローバル代表取締役、不動産賃貸経営のスペシャリストとして「賃貸経営マネジメント」「立退き・家賃滞納など不動産経営に関する法務的 マネジメント」などのアドバイザーとしても活躍

コラムをしばしお休みして賃貸経営管理士の資格試験を受けてきました。宅建士よりも簡単とたかをくくっており、試験が迫るまで勉強をしていなかったのですが、予想問題を解くにあたってわからないことが多々あって直前になり、慌てて試験対策をすることになったのでした。

受験した理由(動機)と受験を終えての今の心境を綴ってみました。、

資格試験について

今回、私が賃貸経営管理士の資格取得を目指した理由をお話しする前に、もとより資格試験に対する考え方から述べさせていただきます。

不動産業の資格として代表的な「宅建士」もそうですが、資格が無くても不動産の業務に従事して業務をすることは十分にできます。大家さんが賃貸経営のパートナー選びをするにあたり、資格のある人が優れていて、資格の無い人は優れてないなどという評価をする必要は全くないと考えますし、恐らくそう考えている方も少ないのではないでしょうか。
事実、無資格でも腕利きの営業マンは沢山いますので

ただスポーツ競技やトランプ(大統領候補ではない)や麻雀などの勝負事において、ルールを
知っておくこと
は大前提で、知るどころか熟知していなければ、勝ち負けを決する勝負事においては不利になります。

それはビジネスにおいても同様、どこまでがセーフでどこからがアウトか、ギリギリの境界線を見極めていかなければ同じく不利な勝負を挑むことになります。
勝ち方を見つけ出すためにも、しっかりとしたルール(知識)が必要です。

また、白と黒をハッキリさせない、いわゆるグレーゾーンがあって、今の法規制の中にはそういったグレーゾーンや例外規定が山ほどあります。いわゆる『ザル法』と言われるのは代表的な例で、法の抜け穴がそこら中に転がっていて、世の中の悪い人たちはそこを匠に使って近づいて来ます。

自らを守る為にも、ギリギリまで攻める為にも、しっかりとしたルールの熟知と知識は必要で、資格試験は勲章よりもそういったことを身に着ける勉強にこそ意義があると思っています。

 

いいね・コインとは?
気になった数 185
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年8月17日 (公開日:2016年12月16日)

株式会社ハウステーション 専務取締役 野田康治の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

空室対策の特集一覧

ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法

コラム特集

PAGE TOP