キャピタルゲインは考えずインカムゲインの勝負|俺流大家業―素人大家のひとりごと⑦|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム賃貸管理のコラム > キャピタルゲインは考えずインカムゲインの勝負|俺流大家業―素人大家のひとりごと⑦

キャピタルゲインは考えずインカムゲインの勝負|俺流大家業―素人大家のひとりごと⑦

いいね・コインとは?
気になった数 200
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

第7回 「物件」についてのポリシー
私のポリシーは単純明快で、基本的にキャピタルゲインは考えていません。インカムゲインのみの勝負と思っています。
さて、それはなぜか?

不動産は借りてもらってこそ

 立地の良さはなにものにも代えがたい。私の保有および管理する物件は、立地としては最高級の部類と思っています。

 稼ぎ頭は広い国道の両側のそれぞれ400坪ほどの貸地。何のことはない、200年前から持っていた広い畑のど真ん中を高速道路へのアクセス道路が突き抜けていったのです。
(ただし、用地買収から道路の開通までは30年以上かかっている)

 国道開通までは、市街化区域内の農地として相続税の納税猶予の特例を受けながら維持をしてきましたが、開通後はいくつかの引き合いがあり、猶予期間が終了した後(当時の税制では20年間農地として維持した後ならば転用しても猶予された相続税の納税は免除されていた)に両側とも良い借り手に恵まれてここまで来ています。

 もちろん借り手がついてから積みあがった賃料トータルは、5年ほど前に不動産鑑定士が評価した価額をすでに大きく上回っています。

 カネに困って売ってしまえば一瞬。それも、買い叩かれた上に20%以上を譲渡所得税と住民税として納税しなければなりません。

 不動産は紙幣に置き換えたが最後、あっという間にゼロになってしまいます。

 立地の良さを生かして良い借り手に巡り合い、永い間借り続けてもらうことがいちばん利益を生むことになります。

いいね・コインとは?
気になった数 200
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月21日 (公開日:2017年1月27日)

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

新着記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP