空室対策として、大家さんも検討の価値あり?LPガスの利用料金もいよいよ透明化に!|株式会社ハウステーション 専務取締役 野田康治

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 空室対策として、大家さんも検討の価値あり?LPガスの利用料金もいよいよ透明化に!

空室対策として、大家さんも検討の価値あり?LPガスの利用料金もいよいよ透明化に!

いいね・コインとは?
気になった数 110
シェア
ツイート
LINEで送る

不動産管理 株式会社ハウステーション 専務取締役 野田康治

株式会社ハウステーション 専務取締役 不動産仲介店営業推進企画室室長・株式会社HSグローバル代表取締役、不動産賃貸経営のスペシャリストとして「賃貸経営マネジメント」「立退き・家賃滞納など不動産経営に関する法務的 マネジメント」などのアドバイザーとしても活躍

当社の商圏で23区である「成増駅」や23区に隣接する「和光市駅」周辺エリアにおいてはLPガスの賃貸物件が多い地域です。

区画が整備される前からの古くからの集落が多い為とか,こう配やがけ地が多いためと様々な諸説はあるものの築浅であってもLPガスの多い地域です。

ガスの自由化などに伴い「液化石油ガス法」の一部が改訂され、今年6月より「LPガス会社」は契約内容(家主との)を入居者への開示が義務付けられることになります。

「LPガスは高い・・・」とうイメージは変わるか?

店頭で物件を紹介する際にも、お客様に都市ガスかLPガスかを説明している。
「LPガスの方が高い」というイメージも定着しており、基本料金が高いのか?使用量が高いのか?これもまたガス会社によって異なる為、説明がややこしくなりがちでした。
また、料金がガス会社によったり、個別の家主との契約によったりする為、明確な金額は随時問い合わせが必要で面倒な手間でもありました。

ガス会社の中には問い合わせても「担当者が不在」などの理由で(本当に不在なのでしょうが)具体的な金額は担当者以外は答えてくれないケースもあって、確認作業に時間がかかったり調べ角に面倒でした。

出来たらWEBサイト上で一覧表記してたり、ガソリンスタンドのようにリッター幾らと表示されるとありがたいのですが、自由化された都市ガスのように様々なプランで比較検討というのが残念ながらまだできなくて個別に見積りが必要です。

LPガス会社のサイトなどをみると、新設(新築)する住宅への給湯器などの「ガス器具の設置費用をガス会社が無償で負担する」というサービスはよもや当たり前のようで、これまで恐らくその分がガス料金に転嫁されてガス料金が高く設定されていたのでしょう。

今回よりガス料金が透明化されることによって、「どこのLPガス会社はいくら」だとか「あそこの物件はいくら」ということが明示されることで今後のガス料金値下がりにつながっていくのではないでしょうか?

LPガス会社との契約内容にもよるとは思いますが、オーナー側にガス会社を選ぶ権利がありますので、メリット・デメリットを比較して、もちろん、空室の募集においても入居者の方々に長く快適に住んで頂く為にも、できるだけ安いLPガス会社と契約するべきでしょう。





 

いいね・コインとは?
気になった数 110
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年8月15日 (公開日:2017年4月26日)

株式会社ハウステーション 専務取締役 野田康治の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

空室対策の特集一覧

ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法

コラム特集

PAGE TOP