賃貸管理の強い味方!防犯カメラを賃貸物件に導入するメリット|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 賃貸管理の強い味方!防犯カメラを賃貸物件に導入するメリット

賃貸管理の強い味方!防犯カメラを賃貸物件に導入するメリット

株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

昨今、賃貸物件のオーナー(大家)による防犯カメラ導入数が大きく伸びています。
防犯カメラ設置のメリットは①犯行抑止 ②不法投棄抑止 ③ルール違反の証拠確保 ④業務の効率化 といったものがあり、そのメリットは入居者に安心感を与えることができ、物件の資産価値を高めることができます。

防犯カメラによる犯行抑止で賃貸物件の入居者の退去を防ぐ

賃貸物件での心配事には「空き巣被害」「駐車場・駐輪場での盗難・イタズラ」「変質者・ストーカー被害」などがあります。
 
被害が発生した際には入居者から「防犯カメラをつけてほしい」という声が上がることが多く、その声には「安心して暮らしたい」という思いが込められています。
 
空き巣被害が発生した際に、その被害額を賃貸物件のオーナー(大家)が補償することは出来ませんし、自転車や自動車の盗難被害についても同様で、物件で発生した被害は入居者が負担することになり、そのことが物件への不満につながることも多々あります。
 
ストーカー被害が発生した際に、入居者が真っ先に考えることは「引っ越し」です。
 
被害が発生してからの対策は、資産価値の低下につながる可能性が高い為、こういった犯罪を抑止していくことは非常に重要です。
 
そのために防犯カメラを設置し、犯行の抑止をするとともに、入居者に安心していただこう、という賃貸物件のオーナー(大家)が増えています。
 
 

賃貸物件のオーナー(大家)必見!不法投棄を防ぐ防犯カメラ効果

賃貸物件の敷地内へ粗大ゴミの不法投棄があり、そのまま置いておくわけにもいかず、その粗大ゴミの廃棄費用をオーナーが負担する、という事例は非常に多いものです。
 
部外者による不法投棄は誰も見ていない時間帯に行われることが多く、敷地を見張る、などの対策には限界があります。
 
こういった不法投棄は、その廃棄費用もさることながら、その物件の秩序を乱されることが大きな痛手です。
 
本来あり得ない場所にごみが捨てられている、という「秩序が乱された状況」は入居者に不安を与えるだけでなく、秩序の低下は他の犯罪を誘発する可能性があります。(=割れ窓理論 窓ガラスが割れている建物と、割れていない建物では犯罪発生率が大きく異なる)
 
不法投棄は、誰も見ていない時間・場所を選んで行われることから、防犯カメラで監視・録画をしておくことで大きな抑止効果が働きます。
 
実際に防犯カメラを付けたとたんに不法投棄がなくなった、という事例は驚くほど多いものです。
 
 

更新日:2017年5月9日 (公開日:2017年6月26日)

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

PAGE TOP