OL投資家もちぼしが不動産投資を始めるまでの流れ-大家さんになる為に勉強すべきこと-|もちぼし

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > OL投資家もちぼしが不動産投資を始めるまでの流れ-大家さんになる為に勉強すべきこと-

OL投資家もちぼしが不動産投資を始めるまでの流れ-大家さんになる為に勉強すべきこと-

いいね・コインとは?
気になった数 310
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 もちぼし

東京都内で働く一般会社員(OL)のもちぼしです。マンションオーナーになってからの体験記やお金について日々考えていることをまとめます。

20代の頃、リボ払い借金が150万円を超えていた私ですが、30代になってなんとか借金を返済し「不動産投資」を始めることができました。都内で働く会社員であった私がどのようにして不動産投資をスタートしたのか?当時を振り返りながら、その手順や経緯についてご紹介したいと思います。

どのように不動産投資をスタートしたのか?

こんにちは、もちぼしです。
前回は、私が不動産投資を始めた理由について簡単にご紹介させていただきましたが、今回は、一般サラリーマンであった私が「どのように不動産投資を始めたのか?」について書きたいと思います。

その前に、私の簡単なステータスについて紹介させてください。
私は東京都内で働く30代の会社員で、現在の年収は500万円ちょっとです。

不動産投資を始めた2年前の年収は450万円ぐらいの年収でしたが、不動産投資ローンを組んだことがきっかけで、自分のお給料に関心を持ち、仕事のモチベーションが上がったことでお給料も少しずつ上がりました。

不動産投資を始めたことで、会社員をしていたら絶対に出会えなかったであろう頼れる大家仲間たちにも出会うことができました。ブログを初めて、このようにコラムを書かせてもらう機会もいただくことができ、不動産投資を始めて本当に良かったと感じています。

それでは、本題の「私が不動産投資を始めるまでの流れ」についてご紹介します。

お金に関する本で「不動産投資」という言葉を知る

私が「不動産投資」という言葉を知ったのは、とあるお金に関する本がきっかけでした。
20代の頃は、150万円以上のクレジットカードのリボ払いによる借金を抱えており、どうすればお金を増やすことができるのか?貯蓄や投資に関する本を読みあさっていました。

そんなときに出会った一冊が「富女子宣言」(著者:永田雄三さん)という本でした。
「20代女子が5年で1000万円貯める方法」というサブタイトルで、当時の私には目から鱗の「貯め女子」になるためのノウハウが書かれていました。

富女子宣言
その本の後半で、「不動産投資を初めて、住宅ローンの支出をゼロにしよう!」という一節がありました。
「家賃は払うもの」という考えしか頭の中になかった私が、「家賃で収入を得る」という選択肢を知った瞬間でした。まさに人生における転換期だったといえます。

いいね・コインとは?
気になった数 310
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月17日 (公開日:2017年5月15日)

もちぼしの記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP