入居率アップ!空室対策に効果的な防犯カメラの設置ポイント|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 入居率アップ!空室対策に効果的な防犯カメラの設置ポイント

入居率アップ!空室対策に効果的な防犯カメラの設置ポイント

株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

防犯カメラの設置は「入居率アップ」「退去率ダウン」につながり、物件の資産価値を高める事につながります。

ところが、いざ防犯カメラを導入しようとおもっても、どこにどのような物を設置すればいいのかわからない、という方がほとんどのはずです。

そこで今回は「効果的な防犯カメラ設置」についてお話したいと思います。

防犯カメラ設置のコツ その1「基本は侵入口に向ける」

防犯カメラの効果は「犯行抑止」「証拠撮影」の2つです。
建物を含む敷地の中で、一番外側の侵入口(例えば敷地出入口や建物出入口)に防犯カメラを設置することで、犯罪者が侵入早期の段階で防犯カメラの存在に気付き、犯行抑止効果が働きます。
 
また、侵入口方向に防犯カメラを向けることで、確実に犯罪者の正面を撮影でき、証拠能力の高い映像撮影ができます。
 
防犯カメラの外観は、シルバーや白っぽい色の物が良いでしょう。ダークな色だと、夜間暗い中で目立たず、犯罪者に防犯カメラの存在を十分にアピールできない可能性があります。
 
一番目立つカメラの設置方法になる為、入居者や入居希望者に大きな安心感を与えることができます。
 
 

防犯カメラ設置のコツ その2「犯罪の手口を封じる」

賃貸物件で最も多い犯罪は「空き巣」で、しっかり対策しておかないと複数の部屋で一度に被害が発生し、退去率が極端に上がってしまいます。
 
空き巣犯は低層階のベランダ側から侵入してくることが多く、ガラス戸の錠前付近を割り、手を入れ鍵を開け侵入します。
しかし、専有部分が防犯カメラの撮影範囲に入ってしまうことは、プライバシーの問題が出てしまう為、「ベランダに侵入するために必ず通るエリア」が防犯カメラの設置位置となります。
 
高層階については「下がり蜘蛛」という手口で泥棒が侵入してきます。
外階段をつかって屋上まで上がり、屋上からロープを使って高層階ベランダに降り立ちます。
そのため、外階段の入口付近に防犯カメラを設置することで、泥棒に外階段からの侵入を諦めさせることができます。
 

 

更新日:2017年5月23日 (公開日:2017年6月24日)

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのつぶやき

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

PAGE TOP