大家さん必見!塗料と塗装工事のイロハをお伝えして参ります!|原島塗装店 原島

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 大家さん必見!塗料と塗装工事のイロハをお伝えして参ります!

大家さん必見!塗料と塗装工事のイロハをお伝えして参ります!

いいね・コインとは?
気になった数 99
シェア
ツイート
LINEで送る

修理・補修 原島塗装店 原島

東京の私立高校卒業後、調理師学校へ行き、国家資格所得の後に そば・うどん屋の職人となる。 その後、不動産会社にて賃貸営業を経験。 父親が経営する、原島塗装店に入店し、現在21年目。 3年前に父親と代表を交代。 現在に至る。創業38年。

塗装業の営業と職人歴21年!
同業者や一般ユーザー向けの講演も行う。
心の底から応援したくなる大家さんプロジェクトも始動。
セルフペイント等の役立つ情報を公開していきます。
国家資格の一級塗装技能士所持。

初めまして!

この度、恐れ多くも賃貸博士.comにおいて、コラムを書かせて頂く事になりました、埼玉県さいたま市在住の、原島塗装店・店主の原島信一と申します。
 
これから皆様と長きに渡り、お付き合いして頂く中で、まず生い立ち等の自己紹介致します。
 
私が生まれた49年前に、父親である親方が、建築・建設工業塗装の職人になりました。
主に、ガソリンスタンドと言われる外部の塗装でありましたが、私が中学3年の頃、父が独立して「原島塗装店」を立ち上げました。
現在創業38年になります。
 
私は、東京の私立高校(商業科)を卒業後、まずは調理師を志し、調理師専門学校で、日本食を専攻し、卒業した後に調理師として3年、日本蕎麦屋に勤務致しました。(調理師免許取得)

お店は、大手百貨店の中にありまして、朝8時より夜の23時までの激務。
休憩時間も無いほど、立ちっぱなしの1日のお仕事。
腰を痛めて立てなくなり、長期休暇を余儀なくされ、やむなく退社を致しました。
その後は喫茶店やレストラン、オートバイでの配達、カタログ会社の営業を行い、様々な職種を経験して参りました。
 

25歳で不動産会社に入社し、賃貸の営業に配属

ここで大家さんにご提案できる?たくさんの事例を学びました。
建物の外観が客付けに際して、実は一つの重要なポイントになるのだと言う経験。
 
長く続けようと思った不動産会社でありますが、父親である親方が仕事中に、瀕死の重傷を負う事故に巻き込まれました。
今から21年前のお話しです。
 
埼玉県春日部市において、ガソリンスタンドの塗装工事中、現場前の国道16号で、大型トレーラーとワゴン車の衝突事故が発生。
ワゴン車が逆さまになって、スタンドに侵入し、トラックの所にいた親方の所へ、激突。。。
父親は骨盤、左腿の骨折致しました。
 
その当時は、物凄く忙しい最中であり、職人が足りないと言う事で、不動産を円満退社し、父のお店に塗装工として入店致しました。

28歳の夏です。

そこから、職人の道へ進むわけですが、何とか父も1年近くのリハビリをして現場復帰。
そこに待ち受けていた事は。
あんなに忙しかった、ガソリンスタンドの塗り替えが無くなり始めたのです。
 
続く。
 

いいね・コインとは?
気になった数 99
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月19日 (公開日:2017年5月27日)

原島塗装店 原島の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP