OL投資家もちぼしの失敗しない物件選び-東京の物件を選ぶ理由と、「物件選び」5カ条-|もちぼし

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > OL投資家もちぼしの失敗しない物件選び-東京の物件を選ぶ理由と、「物件選び」5カ条-

OL投資家もちぼしの失敗しない物件選び-東京の物件を選ぶ理由と、「物件選び」5カ条-

いいね・コインとは?
気になった数 179
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 もちぼし

東京都内で働く一般会社員(OL)のもちぼしです。マンションオーナーになってからの体験記やお金について日々考えていることをまとめます。

2015年夏に不動産投資用マンションを初めて購入してもうすぐ丸2年が経過します。
OL投資家もちぼしがどのような投資ルールで物件を選んでいるのか?現在所有している物件についても触れながらご紹介します。

成功する不動産投資の条件とは?

こんにちは、もちぼしです。
今回は、私が現在所有している物件の紹介と、今後買いたいと思っている物件について書きたいと思います。

私は2015年6月に、現在所有している区分マンションを購入しました。
前回の記事でご紹介した「富女子宣言」という本で「不動産投資」という言葉を知り、私も挑戦してみたい!と思い、不動産に関する本を読んだり、無料セミナーに参加するようになったのが2015年の春でした。

そこから、不動産投資で確実にキャッシュフローを出していくためには、いくつかの条件をクリアする必要があることを学びます。
(1)賃借人の付きやすい好立地の物件を選ぶこと
(2)無理のない金利(返済比率)でローンを組むこと
(3)信頼できるパートナー(不動産会社、管理会社)を見つけること

家賃収入
「不動産投資」と一言でいっても、ただ物件を買って大家さんになるだけでは、経済的自由を得ることはできません。それどころか、赤字に転じて毎月の返済が滞れば、破産のリスクもあるのが不動産投資です。

不動産投資を成功させるためには、最初の「物件選び」が何より重要だと考えています。

OL投資家もちぼしの「物件選び」5カ条

私が不動産投資のセミナーに参加したり、本を読んだりしていく中で、自分なりに基準としている「物件選び」の5カ条ルールは以下の通りです。

(1)国内で唯一人口が増えつづけている東京(できれば23区)の物件を選ぶ
(2)空室リスクを避けるため、最寄駅から5分以内の物件を狙う
(3)築年数は大規模修繕などのリスクを踏まえて築15年以内の築浅物件を狙う
(4)新築マンションは買わない
(5)借入利率は表面利回りの3分の1以下に抑える

実際に、2015年6月に初めて購入した物件は、1〜5の条件をすべてクリアする物件を購入しました。都内の最寄駅1分で表面利回り6%を超える物件を、金利2.0%で購入しました。その物件は持ち出しゼロで、なんとか順調にキャッシュフローを回せています。


もちろん、今後ローン金利が上昇したり、物件価格が上昇したりと、市場のトレンドは変わっていく可能性はあるので、その都度ルールの見直しは必要でしょう。
ですが、リスクを最小限に抑えるための「自分ならではの投資ルール」を考えておくことは、長期的に投資を成功させる上でとても大切ではないでしょうか。

いいね・コインとは?
気になった数 179
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月23日 (公開日:2017年5月28日)

もちぼしの記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP