【空室対策】大家さんが気になる入居者の心理にマッチした防犯対策とは?|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 【空室対策】大家さんが気になる入居者の心理にマッチした防犯対策とは?

【空室対策】大家さんが気になる入居者の心理にマッチした防犯対策とは?

いいね・コインとは?
気になった数 95
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

防犯カメラは入居者のイメージする「安心」によくマッチしたものであり、そのイメージは空室対策に大きく貢献します。

しかし、実際に犯罪被害が発生すると、そのイメージはもろくも崩れ去り、空室率の上昇リスクが発生します。

ここでは入居者のイメージにマッチし、実質の防犯効果も高い対策についてお話します。

賃貸物件の防犯カメラの犯罪抑止力は大きいが、100%ではない

防犯カメラを設置することで大半の犯罪を抑止し、万が一の有事の際には鮮明な録画映像を警察に提出することで、早期検挙や再犯防止につながり、住民の安心感に貢献します。

また、オートロックは大半の不審者の侵入を防ぎます。

防犯カメラやオートロックは大半の人のイメージする「防犯」にマッチし、そのイメージがあることで安心感のある生活を送ることができます。

しかし防犯対策はあくまでも確率で論じられるもので、100%の防御率をもつ防犯対策は有りません。

防犯カメラは犯罪被害に遭う確率を大幅に下げることができますが、犯罪を0にすることは出来ません。

防犯対策は複数の手段を組み合わせることで、犯罪を防ぐ確率を高めていくことができます。
 

犯罪被害に遭ったらすべては水の泡…入居者の防犯に対する心理

多くの人が、賃貸物件に防犯カメラとオートロックがついていることで安心をします。

しかし、「絶対に侵入不可能」とは考えていません。

他の物件よりも防犯カメラとオートロックがある分安心できる、という比較上の安心感が上回っているだけで、洗濯物を絶対にベランダに干さず、室内干しをする女性が多い事からも「絶対侵入不可能」とは考えていないことがわかります。

薄々は、ベランダから侵入があったら、玄関前まで不審者が来たら、など内心考えながらも「今まで被害がなかった」「自分は大丈夫」というプラス思考でその不安は打ち消され、あまり気にせずに日々を過ごします。

しかし、近隣や自分がひとたび被害に遭うと「防犯カメラは犯罪を防げない」「立地条件的に犯罪はあり得る」など、極端に不安を高まらせて退去してしまいます。

そういったリスクを出来るだけ低減させるために、住人の安心感につながり、『実際の犯罪を防ぐことができる効果的な防犯対策を複数組み合わせる』必要があります。
 

いいね・コインとは?
気になった数 95
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月17日 (公開日:2017年6月9日)

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP