大家の考える空室対策での差別化要素の作り方~マーケティングフレームワークの使い方|小池 佑弥

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 大家の考える空室対策での差別化要素の作り方~マーケティングフレームワークの使い方

大家の考える空室対策での差別化要素の作り方~マーケティングフレームワークの使い方

いいね・コインとは?
気になった数 992
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 小池 佑弥

埼玉県上尾市大家の小池です。大家歴はまだ1年程度ですが、素人ならではの日々のトライ&エラーを是非コラムで皆さまにも共有していきたく考えております!

第二回:物件のブランディングを進めよう!空室対策で必ず必要な差別化ポイント。どうやって作ればいいんだろう?考え方ひとつでこんなにカンタン♪マーケティングフレームワークの使い方

うまくいってるときだからこそ、ちょっと先の未来を考えましょう♪いつも不安を感じている新人大家が将来を見据えて立てた戦略と、そのプロセスとは?!

自分の物件の10年後を考えた!

皆さん、こんにちは!
梅雨入りしましたね~。でも毎年梅雨入りしたら暑い日が続いているのは気のせいでしょうか・・・

私の住んでいる上尾市は、天気予報でもよく表示されている熊谷に比較的近いんです。だから暑い・・・!しかも、7階に住んでいるので、余計に(笑)

そんな私が住んでいるのが【モリスの丘】という駅近物件でございます。本日はこの物件でトライしているブランディング戦略について、お話したいと思います。物件としてはこんなスペックです♪



 いいマンションでしょう?(笑)

でもですね、前回も書きましたがやっぱりずっとうまくいくとは限らないですよね。物件を建てたときと今では環境も違いますし、周辺エリアに住んでいる人も変わってきているかもしれません!

だから、すごい不安なんです・・・

そこで、ある程度うまく回っているときだからこそ、将来を見据えて今のうちに対策を練ることにしました。
 

使える!マーケティングフレームワークとは?

今回、私がモリスの丘のこれからの戦略を考えるにあたり活用した二つの分析方法(フレームワーク)があります。

① 3C分析…
Customer(市場、顧客)、Competitor(競合)、Company(ここでは物件の強み・弱み)の3軸を分析して、現状を把握する手法

② SWOT分析…
Strength(強み)、Weakness(弱み)、Opportunity(機会)、Threat(脅威)の4軸から、実際の戦略を見つけ出す手法

どちらもどこかで聞いたことある方も多いのではないでしょうか?ビジネスでは新規のサービスや事業を起こす際には、必ずといっていいほど使われる手法です。これは会社の経営だけでなく、既存物件のマーケティングでも活用することができます。

そして、それぞれの分析方法はとても大事なルールがあります。それは、【考える順番と分析手法の役割がしっかりと決められている】ということ!必ず3C分析が最初、そのあとにSWOT分析を実施します。

それでは、モリスの丘を事例に実際私で実施した分析の流れをみていきましょう。
 

いいね・コインとは?
気になった数 992
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月17日 (公開日:2017年6月14日)

小池 佑弥の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP