長期入居に繋がる大家必見!賃貸物件の防犯対策のポイントとは?|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 長期入居に繋がる大家必見!賃貸物件の防犯対策のポイントとは?

長期入居に繋がる大家必見!賃貸物件の防犯対策のポイントとは?

いいね・コインとは?
気になった数 167
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件において、防犯カメラを設置して入居者に安心を提供し、物件の資産価値を高めよう、という機運が高まっています。

しかし、防犯カメラの設置にはコストがかかり、設置に踏み切れない方もまだまだ多いと思われます。

防犯対策は防犯カメラが唯一絶対ではなく、様々な方法があり、あまりコストのかからない手段も数多くあります。

そこで、ここでは「防犯対策の考え方」「様々な防犯対策」についてお話したいと思います。

賃貸住宅の防犯で最大のポイントは「雰囲気づくり」

防犯対策は、犯罪被害を防ぎ、安心して暮らすための手法です。

犯罪を防ぐためには、犯罪を抑止することが一番重要で、抑止できなかった場合には、大なり小なり被害が発生し最悪の場合退居に繋がることになります。

犯罪の抑止は、犯罪者に犯行を諦めさせることで成り立ちます。
 
逆に「ここでの犯行は失敗する」「ここではなんだかやりにくい」という感覚を犯罪者に与えることができれば、かなりの確率で犯行抑止は成功します。

犯罪者が嫌がるものは「見られている」「入りにくい」の2点で、この感覚が強くなればなるほど、犯行を諦めやすくなります。
 
つまり、犯行を抑止するためには、「見られている」「入りにくい」といった犯行しずらい雰囲気を作り出すことが一番需要になります。
 
防犯対策は全て、この「雰囲気づくり」を最重要視します。


 

雰囲気づくり1 犯罪を抑止する「見られている」環境をつくる

犯罪者は人目につくことを嫌がります。

目撃情報は検挙の確率を飛躍的に高めるので、犯罪者は捕まりたくない一心で、人目につかずに犯行を行える場所を探します。

そのため、防犯カメラにより撮影・録画されていることは「見られている」ことに相当し、犯行抑止力が非常に高いといえます。
 
その他に犯罪者に「見られている」という感覚を抱かせるためには、「見通しをよくする」ことが有効です。
 
例えば賃貸物件が高い塀に覆われていたり、大きな樹木で道からの視界が遮られていると、犯罪者の侵入後、人目が届かなくなり、敷地内で犯罪者が好き放題出来る環境になってしまいます。

逆に道からの見通しが良い物件は、犯罪者にとって通りがかりの人に目撃されやすい、犯行しづらい場所になります。
 
敷地内に防犯砂利を敷いたり、センサライトをつけることも、犯罪者に「みられている」という感覚を植え付けることができます。

防犯砂利の上を歩くことで発生する音や、真っ暗闇の中、センサライトに照らされることは、人の目が集まりやすくなり、犯罪者にとってやりづらい環境になります。
 
 

いいね・コインとは?
気になった数 167
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年7月26日 (公開日:2017年6月19日)

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

空室対策の特集一覧

PAGE TOP