【第3話】私が経験したサラリーマン大家の始め方~投資スタンス、購入基準などブレない軸が出来てから不動産投資をスタートさせること~|千葉ドラマー大家shino

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > 【第3話】私が経験したサラリーマン大家の始め方~投資スタンス、購入基準などブレない軸が出来てから不動産投資をスタートさせること~

【第3話】私が経験したサラリーマン大家の始め方~投資スタンス、購入基準などブレない軸が出来てから不動産投資をスタートさせること~

いいね・コインとは?
気になった数 133
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 千葉ドラマー大家shino

はじめまして!千葉ドラマー大家shinoと申します。 地元千葉が大好きな、39歳サラリーマン大家です。 どうぞ、よろしくお願いします!

2007年に入り、株式市場は相変わらず好調でした。当時は毎月分配型投信が物凄く売れている時代で、各社とも分配金額を争ってました。また、中国、ロシア、インド、ブラジルなどのBRICSファンドも人気で、新規設定するとすぐに募集枠上限に達するといった状況でした。


ただ、少し気になる問題が、証券マンの間で話題になっていたのです。。

金融危機に翻弄された男


サブプライムローン

この言葉を始めて聞いたのが2007年1月頃だったと思います。
この頃は、まだ一般の方はほとんど知らなかった人が多かったと思います。

今ではみなさんよく知っているとおもいますが、後のリーマンショックを引き起こす原因となったのが、このサブプライムローン問題です。

当時、あるアナリストのレポートには、サブプライムローンはアメリカの住宅ローンの約7%程度で、仮に破綻しても経済には影響は無いだろう、と書いてあったのを鮮烈に覚えてます。
まさかこの後、強烈な金融危機がやってくるなど、全く思ってもいなかったのです。

私は、少し気になる動きがあるなぁと思いつつも、仕事に打ち込んでいました。
趣味のバンド活動も、もっと頻繁にライブをやりたいと思って、
ドラムを募集しているバンドに加入したりしました。
仕事も趣味も、とても精力的に活動していた時でもありました。

そんなとき、株式市場で大きな事件が起きたのです。

フランスの金融機関、BNPパリバ傘下のファンドが、
サブプライムローンの影響によりファンドの解約を凍結するという事件が起きました。
これに伴い、世界経済が一気に信用不安となり株式市場は大暴落。

為替も一気に10円近く円高になる騒動が起こりました。
今からちょうど10年前の2007年8月のことです。

この「パリバ・ショック」を気に、株式市場は天井を打ち、下降トレンドに入っていきました。この時を境に株や投資信託がパタッと売れなくなったのです。

正直、本当にヤバいと思いました。。

証券マンの給料は歩合制ですから、株や投資信託が売れないのは死活問題です。
トップセールスマンだったら状況は異なっていたのかもしれませんが、
私のような売れない証券マンには、本当に厳しい状況が続きました。。。


収入が激減し、本当に生活出来なくなる恐怖を感じました。
これまで心を入れ替えて不動産投資をするために貯金をして、
勉強もして、頑張ってきてのに。。
このままじゃまた貯金が無い状態に逆戻りしてしまう。。
本当に危機を感じたのでした。。

このままじゃマズイ!!
私は直ぐに行動に移しました。
転職エージェントの友人に連絡して、求人を探してもらいました。
2回目の転職を決意したのです。

この仕事が好きだから、、
お世話になったお客様のため、、
だから仕事は辞められない。。

そんな美辞麗句を言える余裕は正直私にはまったくと言っていいほどありませんでした。
とにかく自分の生活がかかっていました。
食べていけなかったら他人にも何もしてあげることはできないからです。

本当に本当に必死でした。

何社か面接を受けた後、なんとかご縁があって今の会社に転職を果たすことができました。2008年7月のことです。
そして、入社して2か月後の2008年9月にあのリーマンショックが起きました。

あのまま前の仕事をしていたら、、
と思うと本当に鳥肌が立ちました。。

そして、営業職ではなく内勤職としてコツコツお金を貯めながら宅建の勉強をしたりして不動産投資を始める準備をしていきました。私、営業職には向いていないようです(笑)

その後は、結婚、子供の出産、自宅の購入などのライフイベントを経験し、
一段落した2014年から本格的に物件探しをスタートさせました。
ここまでが、不動産投資をやりたいと思ってから実際に始めるまでの長い長い道のりです(笑)

初めて不動産投資をやりたいと思ってからすでに9年が経過していました。

でもこの間に、物凄い量の不動産投資関連の本を読んで勉強しました。
宅建の資格も取りました。
正直言うと、不動産屋さんの新人さんより知識が付いている自信がありました(笑)

これくらい自信が着いからスタートしたのは、
後になってから考える本当に良かっと思ってます。

そして、自分はどういった投資スタンスで物件を買うのか、
どんな物件を狙うのかといった「自分の中のブレない軸」が出来上がっていきました。

これは、物件の購入基準にとどまらず、お金に対する価値観、金銭感覚などについても、ブレない軸が出来上がっていったので、回りの人に言われる話に流されることはなくなりました。
すべては不動産投資、賃貸経営で成功するためです。
目的をしっかり持っていると、お金に関する考え方がブレません。

これから不動産投資を始める人にお伝えしたいのは、
始めるまでしっかりと勉強したほうが間違いないということです。

そして、自分の中で投資スタンス、購入基準などブレない軸がしっかり出来てから不動産投資をスタートさせることをお勧めします!

自信をもっていると、購入時の「指値」も大胆にできますよ(笑)

次回のコラムは、初めて購入した物件、
そして2件目の物件とも「鬼のような指値」を成功させてコツを書きたいと思います。

ぜひぜひ、次回のコラムも読んでくださいね!
ではでは\(^o^)/
 

いいね・コインとは?
気になった数 133
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年9月25日 (公開日:2017年6月20日)

千葉ドラマー大家shinoの記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

の特集一覧

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP