低コストで賃貸物件の空室率を下げ、犯行抑止力を上げる○○とは?|株式会社日本防犯設備 北澤

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム空室対策のコラム > 低コストで賃貸物件の空室率を下げ、犯行抑止力を上げる○○とは?

低コストで賃貸物件の空室率を下げ、犯行抑止力を上げる○○とは?

いいね・コインとは?
気になった数 292
シェア
ツイート
LINEで送る

住宅設備 株式会社日本防犯設備 北澤

茨城県出身。 大学卒業後、都内大手学習塾での勤務を経て、2010年より防犯カメラ業界にて 、犯罪の抑止を主題に防犯活動に従事。 2014年より株式会社日本防犯設備で広報・マーケティングを担当。

賃貸物件で防犯対策を十全にすることは、入居者に安心した暮らしを提供でき、空室率の低下、資産価値の向上につながります。

防犯対策では「犯罪被害に遭わない」つまり犯行抑止が一番重要です。

ここではコストをかけずに犯行抑止力を上げる方法をお話ししたいと思います。

設置するだけで犯行抑止力を上げ、空室率を下げる○○とは?

賃貸物件に設置するだけで犯行抑止力が上がり、空室率が下がる○○とは……
 
「ダミーカメラ」です。


「ダミーカメラ」とは撮影機能を持たない、見かけだけの防犯カメラの事で、ダミーカメラを付けることで「ここには防犯カメラがあって、しっかり録画しているんだぞ」と犯行抑止力を働かせようとするものです。

防犯カメラを設置するよりもはるかにコストが安いものの、「結局、撮影・録画してないから意味がない」「本物ではないから効果がうすい」と思われ、やや軽視されがちな風潮があります。

しかし、ダミーカメラの犯行抑止力は、本物の防犯カメラと変わりません。


本物の防犯カメラの役割は ①犯行抑止 ②撮影・録画 の2つに分かれますが、①の犯行抑止は「防犯カメラが設置されていることを犯罪者にアピール」することで実現されます。

つまり、防犯カメラの犯行抑止力は「見た目」で作り出しているもので、画質などの機能は犯行抑止効果に全く関わりがありません。

そのため、本物の防犯カメラと外見が同じであれば、ダミーカメラでも本物の防犯カメラと同じ犯行抑止力を発揮できます。

 

いいね・コインとは?
気になった数 292
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年8月18日 (公開日:2017年6月21日)

株式会社日本防犯設備 北澤の記事

空室対策の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

空室対策の特集一覧

ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法

コラム特集

PAGE TOP