アパート購入記~指値に対する売主側の仲介業者の反応・内覧の印象は?!~第六話|パテント大家ATSUSHI

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム購入のコラム > アパート購入記~指値に対する売主側の仲介業者の反応・内覧の印象は?!~第六話

アパート購入記~指値に対する売主側の仲介業者の反応・内覧の印象は?!~第六話

いいね・コインとは?
気になった数 766
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 パテント大家ATSUSHI

某メーカの知的財産部門にて、パテントエンジニア(特許技術者)として勤務しているパテント大家ATSUSHIと申します。現在、1棟アパートの大家をしています!慎重派でコツコツタイプである、私のアパート経営奮闘記を、どうぞご覧ください!

私は、アパート大家になり、まだ、たった半年の新米大家です。そんな私が物件を手に入れるまでの道のりを、本コラムで綴りたいと思います!その第六話を、どうぞご覧ください!

指値に対する、売主側の仲介業者の反応やいかに?!

私は、私側の仲介業者である不動産屋の社長(以下、Oさん)とのご挨拶後、早速、私が一番気になっていた、700万円の値引きの1,800万円という指値に対する売主側の仲介業者の反応を、Oさんに確認することにしました。

このとき、私はOさんから「1,800万円の指値はさすがに無理でした。」という回答がなされると予想していたのが、正直なところです。

しかし!!!Oさんからは、良い意味で予想を裏切る回答がなされたのでした!!!

Oさんからの回答は・・・

「先方の仲介業者さんからは、『一度、売主のオーナーさんと相談したいため、買付申込書(買付証明書)を提出して欲しい』との回答を得ました!パテント大家ATSUSHIさん、もしかするとイケるかもしれませんよ!」

この回答を聞いた私は、テンションが一気に上がりました

この予想を裏切る回答に関して、先方の背景として以下のような背景があると、Oさんが説明を付け加えてくれました。

ーーーーーーー背景ーーーーーーー
①5部屋中4部屋が空いているため、これまで、中々買い手がつかなかった

②売り出してから、半年以上が経過している。

③売主であるオーナーはかなりの資産家で、元々の物件価格の2,500万円にこだわっていない。

④現状、売主であるオーナーは、オーナーの知り合いの他の業者から直接売ってほしいと頼まれており、それが成立してしまうと、現状のオーナーの仲介業者は、自身の報酬(現オーナーからの仲介手数料)が得られなくなる。そのため、現状のオーナーの仲介業者は、何がなんでも自身で仲介し、売りたい様子。

ーーーーーここまで!!ーーーーー

以上のような背景があるため、前述のような、私の強気の指値を受け入れようとする先方の仲介業者の思いがあるようでした。

上記の背景を聞いた私は、

「もし今日の内覧で私が物件を気に入ったら買付申込書を提出しよう!

と思うほど、私の気持ちは高ぶっていったのでした。
 

いいね・コインとは?
気になった数 766
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年7月27日 (公開日:2017年6月26日)

パテント大家ATSUSHIの記事

購入の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

購入の特集一覧

PAGE TOP