相続税の基礎控除ーファイナンシャルプランナーが教える配偶者や次の世代に大きな財産を残す方法|ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム相続 税金のコラム > 相続税の基礎控除ーファイナンシャルプランナーが教える配偶者や次の世代に大きな財産を残す方法

相続税の基礎控除ーファイナンシャルプランナーが教える配偶者や次の世代に大きな財産を残す方法

いいね・コインとは?
気になった数 108
シェア
ツイート
LINEで送る

コンサルタント ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄

ファイナンシャルプランナーとは、「金融」「リスクと保険」「不動産」「税金」「相続・事業承継」「ライフプランニング」と幅広い金融知識を活用しながら、資産管理や運用のアドバイスを行うアドバイザーです。専門分野とお客様を適切に結ぶコーディネーターとして活動をしています。

相続に関する相談をよくお受けしますので、皆さんに知っておいていただきたいことをここで共有していきます。

相続税の基礎控除について

新聞を見ると、広告欄に「相続税の節税」などというワードをよく見ます。

確かに、平成27年1月1日以後の相続について基礎控除額や税率等が変更されたことで、相続税を課税される方が増えました。

現状の制度ですと、

基礎控除額 3,000万円+600万円×法定相続人の数

が非課税になります。

 

例えば、私の父親が亡くなった場合、残される法定相続人は母と私と弟ですので、

3,000万円+600万円×3人=4,800万円

正味の遺産額が基礎控除額(私の家ですと4,800万円)以下の場合には相続税はかからないことになります。

 

この他に、死亡退職金や生命保険には非課税の枠があります。以下の計算式で算出することができます。

500万円×法定相続人の数

私の家族ですと、死亡退職金や生命保険の金額が

500万円×3人=1,500万円

以下であれば相続税はかかりません。

 

例えば、私の父親の資産が6,000万円あった場合、その内の1,500万円分を死亡退職金や生命保険に変えることができれば、

6,000万円-1,500万円=4,500万円

となりますので、4,800万円の基礎控除額内に収まることになります。

このような工夫ができれば、我が家は相続税がかかることがありません。

 

ちょっとした工夫で、配偶者や次の世代に大きな財産を残すことができるかもしれません。

積み上げてきた財産をより有効に活用していただけるよう、ファイナンシャルプランナーとしてアドバイスをしております。

いいね・コインとは?
気になった数 108
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月17日 (公開日:2017年8月9日)

ファイナンシャルプランナー・石田 貴雄の記事

相続 税金の記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP