賃貸管理会社と銀行での経験を踏まえた入居者審査~審査上の重要なポイント~|知行

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム賃貸管理のコラム > 賃貸管理会社と銀行での経験を踏まえた入居者審査~審査上の重要なポイント~

賃貸管理会社と銀行での経験を踏まえた入居者審査~審査上の重要なポイント~

いいね・コインとは?
気になった数 134
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 知行

父親が亡くなって戸建を相続し、和歌山にて戸建賃貸を始めました。現在は、ネット銀行に勤務しています。つたない文章で申し訳ないのですがお読み頂けると幸いです。

こんばんは。今回は入居者審査についてコラムを書きたいと考えています。皆さんは入居者審査をどのようにされているでしょうか。前職の賃貸管理会社と銀行での経験を踏まえてご紹介をさせていただきます。あくまでも私の基準ですのでご参考になれば幸いです。

(1)入居者審査

・入居者審査で重要なことは何でしょうか。長期的に家賃を遅延なく支払って頂くことと考えます。では、何に注意すればいいのか。賃貸管理会社の担当者としての目線と銀行の審査担当者としての目線はかなり似ていました。申込書上で重要なことは以下記入します。
 

(2)審査上の重要ポイント(勤務先)

・どの会社に勤務しているのかが重要です。①上場会社なのか。②非上場会社なのか③資本金はいくらなのか。業種・雇用形態はどうなのかをチェックしています。②の場合は事業規模については意識していました。

業種が建設業・運輸業・サービス業で資本金1000万円以下・従業員10名以下場合と勤務形態が契約社員・派遣社員の場合は、保証会社利用必須としていました。保証会社についても上場企業の関連会社に限定しています。

延滞等が起きた時に賃貸管理会社との交渉は非常に重要です。賃貸管理会社の担当者が怠っているケースも存在し、前職では極まれですが、保証履行がされないケースがありました。
 

(3)審査上の重要ポイント(年収)

・年収はいくらなのか。賃料に比較して明らかに過大な支払ではないかを確認します。
年収に対して賃料(年間)の支払比率は35%以内。キャッシュフロー150万円以上。この2点を基準にしています。

年収400万円(税込年収) サラリーマン 配偶者1人・子1人の場合
年収400万円×35%=賃料140万円(年間).11.6万円(月間)
年収400万円ー賃料140万円ーキャッシュフロー100万円(配偶者50万円・子50万円)=160万円

このケース場合は、OKです。連帯保証人と保証会社を選択可。但し、連帯保証人は3親等以内とします。この基準を下回る場合は保証会社必須とします。収入が年金収入の場合は、基本的に収入としてはみていませんでした。契約者を子等にしていただくケースがほとんどでした。
 

いいね・コインとは?
気になった数 134
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年8月18日 (公開日:2017年8月9日)

知行の記事

賃貸管理の記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

賃貸管理の特集一覧

ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法

コラム特集

PAGE TOP