地主系大家の家督相続的志向の相続対策 4年以上断続的に行った相続対策の成果を中間報告|僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士コラム相続 税金のコラム > 地主系大家の家督相続的志向の相続対策 4年以上断続的に行った相続対策の成果を中間報告

地主系大家の家督相続的志向の相続対策 4年以上断続的に行った相続対策の成果を中間報告

いいね・コインとは?
気になった数 288
シェア
ツイート
LINEで送る

大家 僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)

首都圏近郊の農家が、必要に迫られて不動産賃貸を始めたのが約27年前。 現在は、次期相続に備え、法人化して一部の物件を法人所有としました。 「生活できればそれで十分だが、絶対に負けない大家」であり続けたいと 思っています。

第3回 マル秘情報「被相続人の保有財産」
さて、「Xデイ」に向けて、4年以上断続的に行った相続対策の成果を大雑把に中間報告します。
「話は続くよ、どこまでも。」です。

まぁ、とにかく見てください

 前回も書いた通り、現在、私の親族のなかでの最高齢者は8●歳の父です。
 多くの地主系大家さんのおうちも似たような状態だと思いますが、家族全員のなかで父は圧倒的に大きな財産を保有しています。
 私は今まで約4年余りの時間をかけ、父の財産の相続対策を軸に、わが家の糊口をしのぐための作戦を練っては実行することを続けています。(まだまだ進行中)
 
 相続対策前と今現在の父の主な保有財産のあらましをご紹介しましょう。
 

【対策前(平成24年頃)の財産の状況】

  [資産]   自宅敷地(1000坪弱)および居宅・付属家屋(農家はこんなもんです)
       始発駅から徒歩3分ほどのRC4階建賃貸マンション 1棟
                 国道沿いの農地を転用した貸地 約400坪 2件
                 公益法人の底地および駐車場となっている貸地 合計約900坪
                 畑および山林  とてもたくさん
                 現金預金
                 有価証券(現物株、投資信託…この辺りは詳細敢えて不明)
  [負債]   マンション建設のローン残債 約2500万円

  [推定相続税総額] 1億2000万円超(無対策なので、法定相続になった場合で試算)
  [所得税・住民税・固定資産税等の総額] 年額約1300~1500万円

いいね・コインとは?
気になった数 288
シェア
ツイート
LINEで送る

更新日:2017年10月18日 (公開日:2017年8月25日)

僧俗嫌世(そうぞく・いやよ)の記事

相続 税金の記事

相続 税金の人気記事

すべての記事

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』

コラム特集

   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP