電力自由化で、不動産仲介はどう変わる?センチュリー21は賃貸や売買などを仲介した顧客に割安な電力プランを紹介。 | いどばた大家さん

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > いどばた大家さん > 電力自由化で、不動産仲介はどう変わる?センチュリー21は賃貸や売買などを仲介した顧客に割安な電力プランを紹介。

電力自由化で、不動産仲介はどう変わる?センチュリー21は賃貸や売買などを仲介した顧客に割安な電力プランを紹介。

コメント:2件 気になった数:66
  • twitter
  • facebook

不動産仲介大手のセンチュリー21・ジャパンは伊藤忠商事系の新電力、アイ・グリッド・ソリューションズ(東京・千代田)と提携し、4月から電力プランの販売を始める。アイ・グリッドは大手電力よりも基本料金を最大月500円安くするなど、割安な電力プランを首都圏、関西、中部で提供している。センチュリー21は賃貸や売買などを仲介した顧客にアイ・グリッドのプランを紹介する。
(引用:日本経済新聞)

利益を確保するため、家の仲介とは別に様々な商品を提供する時代。確かに生活をする中での商品はいくらでも紹介できる。
これは不動産業界に限らず、例えば電機屋でもリフォームできたり車が買える。車に至ってはコンビニでも買える時代が来るでしょう。
どの業界も時代に合わせて変化していかなければ生きていけない。不動産経営も同様なことが言えるでしょう。

記事編集担当:後田
この投稿への書き込み・コメント(2件) 
No.1 by マモル さん 2017年04月10日

電力が安くなるって解ってるのに!?なぜ皆さんは変えないのかな?って、因みに私も東京電力から変えてません!会社の信用力?それとも不安?こんな中で不動産会社がやるのはどうなのかと疑問に思います。

No.2 by ミンミン さん 2017年03月31日

生活に関わることなので、紹介する機会は増えるだろうが、それがどれほどの売り上げになるかは疑問です。


コメント
ニックネーム:

※画像を挿入する場合は、画像上部に表示される“画像挿入”をクリックして下さい。

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

の関連記事

PAGE TOP