再利用可能な空き家を利用し、地域の活性化へ!~住民主導で 優良物件確保し移住者呼び込め~ | いどばた大家さん

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > いどばた大家さん > 再利用可能な空き家を利用し、地域の活性化へ!~住民主導で 優良物件確保し移住者呼び込め~

再利用可能な空き家を利用し、地域の活性化へ!~住民主導で 優良物件確保し移住者呼び込め~

コメント:0件 気になった数:105
  • twitter
  • facebook

過疎化が著しい宮城県栗原市花山地区で、再利用可能な空き家を調べて所有者に賃貸や売却を促す民間主導の取り組みが進んでいる。集落内の優良物件を増やし、田舎暮らしに憧れつつも移住先を決め切れずにいる人たちを呼び込むのが狙い。市によると、住民主導の空き家対策は県内でも珍しいという。

事業を進めているのは、地元有志らで組織するまちづくり団体「花山地区『小さな拠点づくり』推進協議会」。5月から月2~4回、地区の空き家を回り、建物の基礎や柱、屋根の腐食をチェックしたり、草刈りなど手入れの状況を確認したりしている。

物件は(1)即時居住可能(2)修繕すれば居住可能(3)居住不可-の3段階に仕分け。所有者不明の物件は、近所の人に聞き取るなど情報収集して特定を目指す。現時点で65軒の調査を終え、うち36軒が再利用可能と判別できた。

今後は所有者と連絡が取れ次第、賃貸や売却への意思を確認。「手続きがおっくうで売却に踏み切れない」というケースが少なくない中、粘り強く交渉し、市のホームページで公開している「空き家バンク」に登録してもらう計画だ。
(引用:河北新報)

再利用可能なのに空き家となっているままで放置されている物件が地方にはもっと多くあるはず、こういった地道な取り組みかもしれませんが、地域活性に合わせ行っていければいいですね。

記事編集担当:浦モン

コメント
ニックネーム:

※画像を挿入する場合は、画像上部に表示される“画像挿入”をクリックして下さい。

こんな記事も読まれています

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

の関連記事

PAGE TOP