滞納者への法的処置-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 滞納者への法的処置

賃貸滞納&入居トラブルにまつわる相談例
『滞納者への法的処置』

シェア
ツイート
LINEで送る

Q.滞納期間6ヶ月以上の滞納者への法的処置を行う手順・方法 (ご相談者:兵庫県にて賃貸経営を行う畑さん)


借手の家賃滞納に関してですが、滞納期間が6ヶ月を越えました。
何度も催促をしましたが、借手側の支払能力が無くなったようで
なかなか支払ってもらえません。 連帯保証人にも催促しました。
最初の2カ月は払ってもらえたのですが、
現在は催促しても全く効果がありません。

ちなみに保証人はクリーニング屋経営・経営状態は悪くないみたいで、
借り手側は経済状態は最悪。 法的処置も踏まえてぜひ良いアドバイスを
頂ければと思います。 家賃を回収出来て、借手に立ち退いてもらえれば最良です。

ご回答者:愛知県名古屋市の不動産会社様

相談者様が望んでいる最良の方法を取っても、
良い結果が得られるとは限りません。
しかし、順を踏んで借主に挑むしか方法はないと思われます。
6ヶ月の滞納はかなり厳しいですね。
まずは、内容証明書で滞納家賃の振込みを期限付きで請求するのが良いでしょう。
指定した期限を過ぎても支払いが無い場合、小額訴訟の手続きに入ります。
弁護士に頼む必要はありません。
その際は立ち退きも含めたも形で、法的に進めるのが好ましいでしょう。

ご回答者:東京都練馬区の不動産会社様

滞納については改善が見込めないと判断されたら裁判を起こすのが
一番だと思います。 裁判を起こす事は難しいことではありません。

書類の書き方や手続きは裁判所の窓口で教えてもらうことができます。
方法としては、まず明渡し請求を起こした方が手間が省けるでしょう。
裁判所から通知が届くと開廷日が記載されてます。しかし注意してください。

その日までに夜逃げする滞納者が多いです。
いまさら滞納家賃を回収しようと思っても、多分無駄でしょうから
次に貸す事を考えて、 良くても出て行ってもらうといことを考えて下さい。

まずは悩むより、行動に起こして始めてみて下さい。
それにはまず滞納を証明出来る書類を準備して下さい。

ご回答者:栃木県小金井市の不動産会社様からのご回答

まずは早急に契約を解除して部屋を明渡してもらうことが先決だと思います。
そうでないと、滞納がどんどん加算されてしまいます。
連帯保証人にその支払い義務は保証人にもあると言う事をはっきり伝え、
部屋の明け渡しに協力してもらうのが一番良いと思います。

保証人を味方につけておけば有利に話しを進められるでと思いますが、
話しがこじれ、裁判になると長期化、相談者様に費用も掛かりますので
入居者には強く、保証人には柔らかく接するのが得策かと思われます。

シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP