賃貸物件の原状回復義務はどこまで?原状回復トラブルと負担割合をガイドラインから学ぶ-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 滞納 退去 > 滞納 退去 原状回復 > 賃貸物件の原状回復義務はどこまで?原状回復トラブルと負担割合をガイドラインから学ぶ

原状回復・原状回復義務・原状回復ガイドラインとは?

シェア
ツイート
LINEで送る

原状回復とは?

原状回復とは「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義されます。 つまり、状態(賃借人が付けたものを取り除いた)を元に戻すことが原状回復となります。通常の使用に基づく損耗・毀損を復旧することは原状回復とは関係ないといえるでしょう。

原状回復義務とは?

原状回復義務とは、賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗等を復旧することです。 これはガイドラインにより定義されているものですが、このような費用は賃借人側で負担するとし、その他、経年変化や通常損耗等については賃貸人側で負担することとしています。原状回復とは賃借人が借りた当時の状態に戻すことではないということを明確にしているのです。
善管注意義務(善良なる管理者の注意義務)はこちら
壁紙の張替え費用を借主に全額請求!?

原状回復ガイドラインとは?

賃貸借契約において、貸す側と借りる側双方の合意に基づいて行われるものですが、退去時において、貸した側と借りた側どちらの負担で原状回復を行うことが妥当なのかについて、トラブルが発生することがあります。
こうした退去時における原状回復をめぐるトラブルの未然防止のため、賃貸住宅標準契約書の考え方、裁判例及び取引の実務等を考慮の上、原状回復の費用負担のあり方について、妥当と考えられる一般的な基準をガイドラインとしてとりまとめたものです。

貸主の負担・借主の負担とは?

貸主の負担

  • 通常損耗
  • 経年変化
<例>
  • 壁に貼ったポスターや絵画の跡
  • 家具の設置によるカーペットのへこみ
  • 日照等による畳やクロスの変色

借主の負担

  • 借主の責任によって生じた汚れやキズ
  • 故障や不具合を放置したことにより、発生・拡大した 汚れやキズ
<例>
  • タバコによる畳の焼け焦げ
  • 引越作業で生じた引っかきキズ
  • 借主が結露を放置した為に拡大したシミやカビ
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

大家さん同士のしゃべり場「いどばた大家さん」最新記事

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

滞納 退去の特集一覧

ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
[PR] 6,760万円の相続税評価額が3,000万円に!?私だったらどうなる?今すぐ無料相続診断
[特集]
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP