騒音トラブル!不動産会社に注意依頼-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」--賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 【web版】ストッピー > 騒音トラブル!不動産会社に注意依頼-ストッピーの「それ合ってる?大家さん」-
それ合ってる?大家さん

騒音トラブル!不動産会社に注意依頼

シェア
ツイート
LINEで送る

今回の相談者
J.Kさん
(58歳  専業大家)
5年前に父親より受け継いだ地主大家。昨年早期退職した事を機に自主管理に切り替えて専業大家として第二の人生を歩んでいる

自主管理している大家です。アパートの住人Aさんより「隣の部屋の若い男性(Bさん)が深夜に友達を呼んで朝まで騒いで眠れない」というクレームが来ました。Aさんは引越し費用を請求してきました。大家は、仲介してくれた不動産会社にアパート入居者に注意と入居者の対応解決を依頼するが・・・

ストッピー

今回のケース

不動産・法律分野の専門家に、
今回のケースに対して
回答していただきました。
各分野の専門家の意見を見てみましょう。

銀座誠和法律事務所
井上 雅弘 弁護士

 そもそもBさんの騒音が違法と言えるほどのものなのかどうかが問題になりますが、仮に違法性があるとしても、Aさんに対して転居費用等の支払義務を負うのは、一次的には騒音を生じさせたBさんです。

 そのため、賃貸人である相談者の方がAさんからの転居費用の支払請求に応じる必要は、原則としてありません。

 もっとも、賃貸人は、賃借人に対し、目的物件を使用収益させる義務を負っています。目的物件はアパートとのことですので、相談者の方には、Aさんを含む賃借人全員に対し、アパートの居室を住居として使用収益できるように配慮する義務があると解することができます。

 そのため、Bさんの騒音が違法であり、Aさんが居室を住居として利用することを妨げるほどであるにもかかわらず、相談者の方がBさんに対して是正を求めるなどの対処を何ら行わなかった場合には、相談者の方も、Aさんに対して転居費用等の損害賠償責任を負う可能性があります。

 ところで、不動産業者には …
銀座誠和法律事務所 【住所】〒104-0061 東京都中央区銀座8-8-15 【TEL】03-3572-2421 【FAX】03-3572-2417
法律のプロ
シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP