定期借家契約への変更って!?編~その2~【それいけ!満室経営家族】-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 【web版】満室経営家族 > 定期借家契約への変更って!?編~その2~【それいけ!満室経営家族】
それいけ!満室経営家族

定期借家契約への変更って!?編
~その2~

シェア
ツイート
LINEで送る
お父さん

やはり、入居者の了承が必要なんだな。一方的にいきなり契約を変更するなんてことができるわけないし・・・

お母さん

騒音については、これ以上、近隣からのクレームがあるようであれば、しっかりと注意した上で、入居者にまずは話をして、今後気を付けてもらわないと難しそうね

タクヤ

そう言えば!騒音とは違うんだけど、ペットの鳴き声がするって、先日入居者が言っていたんだけど・・・

お父さん

ホントに!それは、問題だな!ペットを飼っているのであれば、それは注意しないといけないし、退去も検討してもらわないと!

お母さん

鳴き声もだけど、匂いなどもあるからね。ただ、ペット可物件にすることで入居者が長期間住んでくれたり、空室対策になるって聞いたこともあるわね。

タクヤ

確かに長期間住んでもらえるのは魅力だよね。この際、ペット可物件に変更するっていうのもいいのかな?必要な設備や条件ってあるのかな?

その道のプロ
『ペット可物件に必要な設備、条件ってあるの?』

鳴き声などを考慮しますと建物の構造がマンションタイプ(RC造・鉄骨造等)である事が前提となります。
その上で遮音性の高い床材(固いフローリングは避けクッション性のあるクッションフロア等)に変える他、壁紙も腰壁部分を傷の付きにくい材質のものへ替える事も検討頂いた方が良いと思います。
その上で、契約する際の条件として飼育可能数を1匹に限定する他、種類も犬であれば室内用小型犬に限定する方が良いと思います。

また、共用部(廊下・階段)の移動の際は抱きかかえるか専用のケースに入れるようにする事も必要です。
猫の場合、犬と違って鳴き声のトラブルは少ないですが、匂いやひっかき傷による建具類の損傷が考えられますので、退去時の原状回復費負担を契約書へ明記する事も必ず行ってください。

株式会社リーベハウス 東京都大田区西蒲田7-1-6 谷口ビル 1F
TEL:03-5713-1600
営業時間:9:30 ~ 19:00
タクヤ

そっか~ペット可物件にするのであれば、契約などもしっかり見直しておかないといけないんだね

お母さん

そうね。特に、退去時の契約については、汚したまま出て行かれてしまっては折角の物件も台無しになっちゃうもんね。

お父さん

今後、ペット可に変更するのであれば、原状回復費の負担について取り決めをしておかないといけないな。初めにルールを決めないと今後のトラブルになる可能性がありそうだから、契約書から見直しておかないとな!

今回のポイント

今回、満室経営家族は、なかなか注意しても改善をしていただけない、騒音問題を起こす入居者の更新契約を、定期借家に変更し、再契約しようと考えています。
契約変更は可能なのでしょうか?

①新規の契約を、定期借家契約へと切り替えることも検討事項の一つです。
ただ、単純に契約を変えるにしても、入居者への理解は必要になります。
更新ができないデメリットも十分考える必要があります。

②次回からの更新時に定期借家契約に変更することは可能なのでしょうか?
入居者の理解があれば可能です。
ただ、正当な理由が必要な事や、現在の契約内容について、よく確認を行いましょう。

③空室対策としてのペット可物件への変更については、設備なども整っていることが重要ですが、原状回復の取り決めや、退去時の内容は良く考えた上で、行いましょう!

シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP