遠方物件の高齢入居者。病気や滞納、孤独死など心配です。更新の際に見直すことはある?-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 【web版】勝ち組大家さん > 遠方物件の高齢入居者。病気や滞納、孤独死など心配です。更新の際に見直すことはある?
勝ち組大家への道【管理会社・入居者トラブル編】

遠方物件の高齢入居者。病気や滞納、孤独死など心配です。更新の際に見直すことはある?(地域・大阪府 )

シェア
ツイート
LINEで送る

約20年入居されている独身男性(70歳)で、保証人は弟で67歳です。
今後のことを考えると家賃滞納や、病気や加齢による生活に不安があります。 また、入院などによる家賃滞納のおそれや孤独死などが心配です。 今後の高齢者対応策を考えています。どのような対応策がありますか?
また、私自身は遠方の沖縄県に住んでいます。更新の際に、保険や契約の見直しなどどんな事を審議する必要がありますか?教えてください。

Answer
近年は、滞納や孤独死に備えた保険商品が広まってきています。
そういった保険を活用しない手はありません。契約更新の際に、併せて、保険加入手続きも済ませることをお勧めします。また、 …
  
出口裕規 弁護士
ユウキ法律事務所
出口裕規 弁護士 ユウキ法律事務所
〒113-0033
東京都文京区本郷5-23-13タムラビル7 階
TEL:03-3572-2421
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP