アパート経営の税金対策(節税対策)など-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > アパート経営の税金対策(節税対策)など

税金対策(節税)など (1/3)

シェア
ツイート
LINEで送る

税金対策ですべきこととは?

税金対策で不動産賃貸経営をされる方も多いと思いますが、 実際どのような税金が控除・軽減になるのか、主な節税対策を勉強してみよう。

固定資産税・都市計画税の軽減効果

更地・青空駐車場に比べ、アパート・マンションの敷地にかかる固定資産税・都市計画税は、 1戸につき200㎡まで、それぞれ1/6、1/3となり、広大な敷地の税金が大幅に減額されます。

※200㎡以下の住宅用地(200㎡を超える場合は住宅1戸当たり200㎡までの部分)を 小規模住宅用地といい、この小規模住宅用地の課税標準額については、 固定資産税評価額の1/6の額となります。

固定資産税とは・・・

毎年1月1日(「賦課期日」といいます。)に、土地、家屋、償却資産(これらを総称して「固定資産」といいます) を所有している人がその固定資産の価格をもとに算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納める税金です。

【固定資産税の計算方法】
固定資産税評価額X税率=固定資産税 ※税率は全国一律ではありません。
1.4%~2.1%の範囲で各市町村が条例で設定することができます。なお、評価額に関しても毎年変額する事もありますので各地域の税務署でご自身の評価を調べておいた方が良いでしょう。 また、評価額は各地域税務署にて調べる事が可能です。 毎年変動する事もありますので確認した方が良いでしょう。

都市計画税とは・・・

都市計画事業または土地区画整理事業に要する費用にあてるために市街化区域内の土地、 家屋の所有者に課税されるものです。(償却資産には課税されません)。 ※税率は全国一律ではありません。0.3%を上限として各市町村が条例で設定することができます。

各地方自治体によって税率・軽減率などが異なる場合がありますので正確な情報は各自治体にお問い合わせください。なお、評価額に関しても毎年変動する事もありますので各地域の税務署にご自身の評価を調べておいた方が良いでしょう。
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP