賃貸経営で魅力の損益通算を利用して所得税などの地方税軽減効果-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 賃貸経営で魅力の損益通算を利用して所得税などの地方税軽減効果

税金対策(節税)など (3/3)

シェア
ツイート
LINEで送る

損益通算を利用して所得税などの地方税軽減効果

賃貸経営で一番の魅力が損益通算できることです。
特にサラリーマンのようにサラリー収入と不動産経営収入を通算、確定申告する事により、 還付金を取得するような税金対策を主とした不動産経営というものが話題に上がっております。
最近サラリーマンが不動産賃貸経営をする理由の1つにこれがあります。

損益通算とは・・・

不動産賃貸経営をされている場合、家賃収入などから不動産経営にかかる諸費用を差し引くことができます。 その結果が不動産収入(家賃収入)よりも大きくなり、税務上赤字になる場合があります。
その赤字となる部分を他の所得から差し引くことで、所得合計が少なくなり、 所得税・地方税などを抑えることが可能です。これを不動産経営の損益通算と言います。

★このような損益通算は確定申告することで給与など源泉を収めた所得税の還付をうけることができます。

例)不動産所得の金額=不動産総収入金額-必要経費

主な不動産収益・必要経費として下記のようなものがあります。

不動産総収入金額として認められるもの

家賃・地代・権利金・更新料など

必要経費として認められるもの
  • 土地・建物に課される固定資産税・都市計画税
  • 修繕費(資本的支出に該当するものを除きます)
  • 損害保険料(掛け捨てのもので、その年分のみ)
  • 不動産会社・管理会社への管理手数料
  • 共用部分の電気代、水道代など
  • 入居者募集のための広告宣伝費
  • 税理士・弁護士などへの報酬
  • 減価償却費・繰延資産の償却費
  • 賃貸開始後に支払った住宅建築・購入時の借入金の利息
  • 立退料
  • その他の雑費(掃除、消耗品代入居者・不動産会社・建設会社等の諸費用)
※当方は税務署及び公的機関・税理士事務所ではありません。
必ず専門家に相談しご自身において正しい知識を理解し運営して頂くことをお願い申し上げます。
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP