長期空室の部屋をペット可に変更する場合の注意点 -勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】--賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 空室対策 > 【web版】勝ち組大家さん > 長期空室の部屋をペット可に変更する場合の注意点 -勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】-
勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】

長期空室の部屋をペット可に変更する場合の注意点(地域・東京都)

シェア
ツイート
LINEで送る
 現在所有中のRC賃貸マンション(2LDK×6部屋)の1室が長期空室状態(1年)です。某私鉄の急行停車駅から徒歩15分です。駅前にある不動産会社(4社)に募集をお願いしています。

 今日まで何度かペット飼育を可能にして欲しいという相談を断ってきましたが、流石にここまで空室が続くと「ペット飼育を可能にした方が良いのではないか?」と迷っています。

 もし、ペット飼育を可能にした場合、敷金の増額や別途規約を作成するなど、募集時の注意点や契約時の注意点を教えてください。

Answer

ペットを好まない入居者への配慮が重要

 当社の場合は …
  
取締役 平林 知久 (株式会社 ポートホームズ)
取締役 平林 知久 (株式会社 ポートホームズ)
〒220-0005
横浜市西区南幸2丁目8番地15号
TEL:045-323-5555/FAX:045-323-5689
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP