大型犬の室内飼育を許可する場合、敷金は預かるべき?-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 空室対策 > 【web版】勝ち組大家さん > 大型犬の室内飼育を許可する場合、敷金は預かるべき?
勝ち組大家への道【空室対策・契約トラブル編】

大型犬の室内飼育を許可する場合、敷金は預かるべき?(地域・神奈川県)

シェア
ツイート
LINEで送る
不動産会社の担当者より「大型犬(ゴールデンレトリバー)の飼育は可能ですか?」という問い合わせがあり悩んでおります。
募集開始時に「室内で飼われる場合は家賃を1万円プラスする」という話でした。それは、チワワなどの小さい犬を想定していました。

大型犬となると床や壁、ドアや階段など色々と傷みそうで心配です。

敷金は0円で募集をかけていましたが、10万円ほど預かっておいたほうが後々揉めないでしょうか?

また敷金以上の修繕費が発生した場合は追加の費用を払ってもらう契約などは結べるのでしょうか?

どのようにすればベストかどなたかアドバイスよろしくお願いいたします。

Answer

ペットブームのなか、部屋探しの条件の中でも上位に挙げられております。

そこで、ペットの飼育を許可するのであれば必須事項として、 …
取締役 営業本部長 平林 知久
株式会社ポートホームズ取締役 営業本部長 平林 知久
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2丁目8番地15号
TEL:045-323-5555/FAX:045-323-5689
シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

特集一覧

空室対策
滞納退去
賃貸管理
土地活用
不動産投資
相続・税金
[特集]
博士コムのメンバーと交流しませんか♪
ハワイでセミリタイア 別荘を手に入れる方法
起業から30年…成功者が語る『成功の秘訣』
   [PR] ベテラン大家が選ぶ、賃貸管理会社とは?

PAGE TOP