『建物を売るのではなく経営を創る 差別化を図ったオンリーワンのアパート経営』-セレコーポレーション--賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 土地活用 > 『建物を売るのではなく経営を創る 差別化を図ったオンリーワンのアパート経営』-セレコーポレーション-
セレコーポレーション

建物を売るのではなく経営を創る
差別化を図ったオンリーワンのアパート経営

アパート経営のプロとして、単に物件を建てるのではなく、 徹底的に「付加価値」を追求する首都圏に特化したアパート経営の専門店 「セレコーポレーション」に独自の商品開発や独創的な考えについて聞いた。

セレコーポレーションの特徴は入居者を「ゲスト」と呼ぶこと

「セレコーポレーションは、入居者様を『ゲスト』と呼びます。例えば、ホテルでも宿泊客ではなくお客様という意識が徹底しているホテルほど、客室はおもてなしの気配りに溢れ、多くのリピートを生みます。それは、アパートでも同じ事です。ゲストが満足し、大きな感動を感じていただければ、入居期間は長くなり安定した収益をオーナー様は受けることができます」と同社営業本部マーケティング開発部の大西統部長は言う。

大西統 2002年、セレコーポレーション入社。営業職を経て現職へ。「営業時代にオーナー様向けに多様な設計プランを提案した経験が生きています」という。

「アパート経営の専門店」を掲げるセレコーポレーションでは、アパート経営の成り立つ(家賃保証のできる)エリアでの建築を請け負う。
それは、建てた後もオーナーの賃貸経営全体を見ることができ、オーナーが賃貸経営の成り立ちにくい立地では建てないという信念があり、また建築はもとより、賃貸管理から運営・経営支援までトータルにサービスを提供し常にクオリティを高めるべく努力をしている。クオリティを維持すべく、供給物件数を年間200棟に制限していることも同社の大きな特徴と大西氏は説明する。


「なぜなら、結果としてそれがオーナー様の収益の最大化にもつながるのです。また弊社のスローガンに『コンパクト・エコライフ』を通してゲストに最高の感動を与え続けるという考えがあります。都会の1人暮らしは狭さとの戦い。誰もが広い部屋を欲しがっていると思われがちですが、時代は今、『LESS IS MORE(小さいことは、豊かなこと)』空間を有効に使ったコンパクトな暮らしは地球にやさしいエコな暮らしでもあるのです。セレは広さよりも空間の『質』に着目し、ゲストが充実したシングルライフを送るための舞台として従来にない発想のコンパクト&エコな『感動空間』づくりを行っています。この『小さく暮らして大きく使う』の発想から生まれたのが弊社主力商品のフュージョンです」(大西氏)

空間活用力でゲストに人気の「フュージョン」
フュージョン フュージョン

フュージョンは、コンパクトなプランで敷地を最大限に活用でき、特徴は独自の空間活用力でベットスペースとワークスペースを立体的に配置することで限られた床面積の中から新たな空間を生み出している。この結果、女性に敬遠されている一階の部屋を逆に人気のある物件に変身させているという。

「一階の部屋は通常約七割が男性ですが、フュージョンだと女性が五割以上。しかも相場より5000円ほど高い家賃を実現しています。なぜなら弊社では『仲介会社の専任化』を積極的に進めており、我々の理念や物件を深く理解する業者を専任化することで、リーシング活動の質の向上を図り、ゲストから納得した付加価値賃料を頂く事を目的にしていきます。今後は、専任業者向けの販促ツール共有化を進めていきます」(大西氏)

東京圏という最高のアパート市場の潜在的なニーズを探るために

セレコーポレーションでは、独自のサービスとして不動産投資に興味がある方に向けて「不動産投資倶楽部」というサービスを展開している。

このサービスは首都圏で新たに土地を取得してアパート経営を始めたいと考えている投資家の要望に魅力ある物件を提供している。魅力ある物件が提供できる理由として、優良な土地情報の収集力、投資物件の企画力、より有利な融資条件を引き出すファイナンスサポート力の3つの特徴があげられる。

不動産投資倶楽部3つの安心

アパート経営の専門店としての展望を

日本は2020年を通過点として、2050年までにかなりの人口減少に陥ると予測されている中で首都圏は反対に「人口増加」に加え、晩婚化による「単身者のマーケット成長」が見込めるため、賃貸住宅の建築が進み、更なる供給過多になることは目に見えており、その中で安定した賃貸経営を行う上では単にアパートを建てるのではなく、より戦略的なアパート経営が重要です。

家賃の下落や空室率の可能性を計算した上で、近隣のアパートとの差別化を図り、潜在的なゲストを顕在的なゲストとして囲っていく事がこれからの賃貸経営の大きなターニングポイントです。オーナー様とゲスト様の双方に喜びと感動を与え続けることこそがセレコーポレーションが『アパートの専門店』としての役割と責任だと感じています。(大西氏)

東京・京橋本社にあるショールーム「セレイエの森」は、年間約8000人が訪れるという。 同社のゲストへの考え方や、事業スタンスを確認・体感することができるので、少しでも興味があれば、一度訪れてみてもいいでしょう。

株式会社セレコーポレーション

【こんな記事も読まれています】

  • 金に執着しすぎる経営者によくある行動って?
  • 競合物件と差がつく!10年後を見据えた賢い選択って何?

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP