最近話題の賃貸経営ニュース!-賃貸経営博士-

×
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 賃貸管理 > 最近話題の賃貸経営ニュース!

最近話題の賃貸経営ニュース!

時代の流れにより、様々な事件・ニュースまたそれに伴い、新しい規定や法律などの進化も様々です。

ここでは、不動産賃貸経営の大家さんに関連することから一般的・社会的な問題により賃貸経営に影響のある情報をご紹介致します。

マーキング集

空き巣・訪問販売員・新聞配達員(勧誘・拡張員)などが、 その家の状況を『しるし・合図・作戦・調査』などの目的で 残すものを『マーキング』と呼んでいます。

上記以外にも営業手法・業務手段で行っている企業も多いため、 これを言い出すとどこまでが「怪しいマーキング」と見るのか難しいのが実情です。 ただ、自宅が自分の知らないところで悪意の有無に関わらず見られているという ことだけは理解した方がいいでしょう。

ココがポイント!

玄関の表札・ポスト・玄関ドアを要チェック!
その手口として、一般的に『表札』にシールや暗号(マーキング)があるケースが多い。 表札などに、何か不自然な、印(書き込み)がないか確認してみよう!!

ピッキング

ピッキングとは、玄関から鍵を開けて侵入する空き巣の手口。 以前は、鍵のかけ忘れた玄関や窓など からの侵入することが 多かったようですが、 ピッキングの手口が進化し、いとも簡単に鍵を開けて侵入するという物騒な状況になってきています。ピッキングの対策として鍵も進化してきてはいるようですが、日進月歩の状態です。 ピッキングを含め空き巣・泥棒の手口をまずは理解し、防犯に努めていくことが必要です。

振り込み詐欺

賃貸物件居住者に「家賃口座が変わりました。」という通知を送り、 自分の口座にお金を 振り込ます賃貸入居者を馬鹿にした犯罪手口です。 手口の概約としては、管理会社または所有者・管理者が変更になった旨を告げ、 犯人が あらかじめ用意している『銀行口座』への振込を誘導する通知を 賃貸マンションなどの ポストに投函し、家賃総額を騙し取るという流れであり、 偽名・偽装・犯行範囲・時期も様々です。 昨今の景気不動向なこのような時期におきる、本当に腹立たしい犯罪です。

東京都賃貸住宅紛争防止条例

住宅の賃貸借に伴いあらかじめ明らかにすべき事項を定める事により、 住宅の賃貸借上のトラブルを防止するために制定した 『賃貸住宅紛争防止条例』が 平成16年10月1日施行されました。 この条例では、宅地建物取引業者が借主に書面を 交付し、 退去時の原状回復と 入居中の修繕について、 費用負担に伴なう「法律上の原則」や 「判例により定着した考え方」などを説明する事を 義務付けています。

シェア
ツイート
LINEで送る

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

こんな記事も読まれています

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP