【和風】一軒家改造シェアハウス!『楽家』には入居者イベントも満載-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 空室対策 > 【和風】一軒家改造シェアハウス!『楽家』には入居者イベントも満載

広い庭と掘りごたつのある和風一軒家改造シェアハウスに行きました!

楽家-がくや-の特徴
  • ①既存建物の良い所は残している。水周りなどは新しいものに入れ替えている。
  • ②共用部を重視!集まりやすく居心地が良い動線づくりがされている。
  • ③近隣には緑が豊富で休日には寛げる。
  • 玄関
  • ナンバー式のカギがおしゃれ!
  • 靴箱
  • 収納力◎キレイで大きなシューズボックス。入居者1人につき扉1枚分のスペースが使用できるとか!
  • リビング
  • とってもきれい!
  • 台所
  • キッチンも広々~。食器はもちろん、調理器具もそろっています。
  • 水回り
  • ゆったりとした洗面所とお風呂。追い炊き機能もついています。洗面台は廊下、2階にも設置されています。
  • お手洗い
  • トイレは1階と2階にひとつずつありました。写真は2階のトイレです。やわらかい壁紙が印象的。どちらのトイレにも流水音が流れる装置が付いています。
  • ベランダ
  • 2階の廊下の突き当たりにあるドアを開けると、そこには数室をまたいだ広~いベランダ。日当たり抜群で洗濯がはかどりそう。お布団もばっちり干せますね。
  • お部屋
  • 個室には備え付けのベッドとクッション!部屋の奥のハンガーポールとレンガ調のクロスがいい味を出しています。
入居者イベントも盛りだくさん!
入居者の声・・・入居者同士は程よい距離感で居心地◎人がいる温かさがイイ!
『楽家』には入居者イベントが満載!入居者同士のトラブルも少ないんだとか。
直撃取材!オーナーの声
 
シェアハウスを建てたきっかけは?

空き家となってしまった実家をうまく活用したいと思い、現在管理を任せている不動産会社さんへ相談したところ、活用方法のひとつの案としてあがったものが「シェアハウス」でした。

 
シェアハウスにしてよかったこと

『楽家』には週1回、共用のタオルの交換と清掃のために訪れるようにしています。そのときに入居者さんのお話を直接伺うことや、大事に住んでもらえているか自然と確認できることがいいですね。元々実家だった分、物件への思い入れが強いので、定期的に無理なく様子を見に行けることはうれしいです。

 
シェアハウスを検討している大家さんへ

シェアハウスに限らず、家は人に住んでもらってこそ。どんな物件も「人が住んでくれる家」にしないといけないと思います。予算を削って古いまま・住みにくいままの状態にしてはいけません。物件そのものに価値を持たせることが大切です。入居者が気持ちよく暮らすことができる家にした上で「シェアハウス」という形を検討するといいと思います。

ハウスクリエイト有限会社
■〒181-0013 東京都三鷹市下連雀9-5-1
■TEL:0422-70-5331/FAX:0422-70-5332
http://www.house-create.com/

シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP