入居者とオーナーがwin-winの関係になれる賃貸住宅の開発|空室対策は『建築』から始まっている!-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 大家の会 > 満室を維持する為の「空室対策」特集 > 入居者とオーナーがwin-winの関係になれる賃貸住宅の開発|空室対策は『建築』から始まっている!

空室対策は『建築』から始まっている!
入居者が住み続ける「住まい」とは?(2/2)

シェア
ツイート
LINEで送る
入居者とオーナーがwin-winの関係に
なれる賃貸住宅の開発を
三和エステート株式会社
亀田 征吾
常務取締役

CPM(米国不動産経営管理士)資格を保有。
賃貸仲介事業、賃貸管理事業、また、投資アパー ト事業と、総合的な不動産のマネジメントに携わる。
多くのオーナーとの経営に携わり、 業界歴19年で培った「高稼働率を実現する資産運用法」には定評を得ている。
木学さんとの出会いは、2011年に当社の福岡にあるアパート「CB高宮アトレ」をご購入いただいたときです。当時からいままで、懇意にさ せていただいています。

鈴木さんにご購入いただいた「CB高宮アトレ」と「CB東松戸ビスタ」はいずれも『 typeZIO (ジオ)』 というシリーズで「入居者に選ばれ長く住んでもらえるアパート」をコンセプト に作られたものです。
のブランドを開発したきっかけは、まず当社が管理している物件で、入居中の20~30代の約1000人を対象に匿名アンケートを実施し、ご要望や不満な点など、さまざまなお声をいただいたことです。
管理会社として、「いかに入居者の方に満足していただけるか」そして「いかにオーナー様に満足していただけるか」というwin-winの関係を築く1つの方法が「選ばれる物件」の開発でした。
社が建てるアパートは創業30年を超えて 蓄積したデータ(賃貸管理・賃貸仲介の実績)を全て注ぎ込み、誕生しました。高い入居率を実現するには、それを裏付ける理由が必要です。

当社では、「家賃をサイエンスする」というテーマをコンセプトに、設備仕様や間取りへのこだわりのほか、総合不動産会社である自社独自のマーケティングを強みに、物件の価値査定を行い、高い入居率を維持しています。
主力商品である『 typeZIO (ジオ)』に加え、2LDKの間取りで3LDKの生活空間を体感いただける『typeDUO (デュオ)』や、 天井高約4メートルの圧倒的な開放感で、扉を開けるとまるでドラマのような空間が広がる『typeSORA (ソ ラ)』。
そして、今年9月、主力商品であるアパートに加え、「戸建て賃貸住宅」を新たにリリースしました。『typeHAUS (ハウス)』 は、当社アパートの特徴である「空間を最大限に活用した構造」はそのままに、ファミリー世帯のニーズを取り入れたデザイナーズ戸建て賃貸で、生活空間に「遊び」と「実用性」の両面を兼ね備えています。

今後、当社では首都圏・九州圏を拠点に、さらなる建築エリアの拡大を予定しており、進出エリアに副った新ブランドの開発に着手しています。
れからの三和エステートは、管理会社としてオーナー様のさらなる収益向上を目指していきます。
今の事業形態が正解ということではなく、ときに柔軟に変容しながら、事業の拡大を見据え、「お客様にとっての最良のサービス」を今後も模索して参ります。
アジア太平洋大家の会 鈴木学さんより質問!
関東進出を決断した理由は?
お陰さまで関東在住の顧客が年々増加しておりました。
オーナー様 からの要望も多く、関東進出のタイミングを計っていた所、鈴木オーナーのジオシリーズを是非関東で広めたいという熱い想いを頂いたことで決断しました。
今では沢山 のオーナー様や入居者様に喜んで 頂いております。鈴木さんありがとうございました。
三和エステート株式会社

【本社】 〒812-0016 福岡市博多区博多駅南1丁目6-9 三和ビル3F
TEL:092-477-6333(代)/FAX:092-477-6343

【東京オフィス】 〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-5-1
TEL:03-5219-1303/FAX:03-5219-1304

シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

【こんな記事も読まれています】

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP