賢い大家さんが実践する賃貸経営のスゴ技【IT編】-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 大家の会 > 満室を維持する為の「空室対策」特集 > 賢い大家さんが実践する賃貸経営のスゴ技【IT編】

知って得する!?賃貸経営の「小技」「スゴ技」IT編

シェア
ツイート
LINEで送る
ツール① Googleの無償ツールで業務の空いた時間を趣味に!
Googleドライブ

私が活用しているのは、Googleが無償提供している「Googleドライブ」という、クラウド(ネット上に自分だけの情報を貯めておくことができる倉庫のようなもの)のサービスです。

このサービスに所有している物件の空き状況やADを記載した自作のエクセルシートを保管しています。最大の特長は自分以外の人と情報を共有できる点です。

つまりネット上で客付け業者が空室やAD情報を閲覧できるようになっているんです。
また、物件写真も保管しているため、業者はダウンロードして使用することができるので、わざわざ電話やメールで情報を送る必要がないんです。

もちろん私が許可を出した業者しか閲覧できません。活用し始めてからは、今まで空室の連絡などで費やしていた時間が少なくなったので、趣味に費やせる時間が増え、心も身体もリフレッシュしながら賃貸経営ができています。

大阪府 / 岡田のぶゆきさん

アナログなやり方(定期的に会いに行く等)も大事ですが、デジタルな部分も活用できる大家になるべきだと思います。
最初は手こずる点もあるかと思いますが、慣れてしまうと案外簡単なものです。Googleドライブは無料で利用できるので、使ってみてはいかがですか?
(大阪府 / 岡田のぶゆきさん)

ツール② 我が子を撮る気持ちで物件撮影を
オアシス大家さん

私自身、「OASIS083(オアシス大家さん)」という大家さんの為の物件管理ソフトを開発した経験があります。 「ネットって苦手だな~」と思っている大家さん、まずは「物件動画」から始めてみてはいかがですか?

今では360度物件が撮影できる「THETA(シータ)」やWindowsのムービーメーカーなど動画作成を手助けしてくれるたくさんのソフト(無料・有料含め)が世に出ています。動画では物件への道のりや実際に「自分が案内するとしたらどんな所を見てほしいか」を考えて撮影しています。

工夫次第で動画上に間取り図を重ねて、カメラの動線・視線で実際にその部屋に行ったような表現をすることだってできます。撮り方一つで物件が映えたり、物件に対する愛情を伝えられるんです。

鹿児島県/久保力也さん

入居者だって、ネットで物件を探しネットで完結する時代です。「難しそう」とか「自分にはできないんじゃないか」と悩まないで、「見て触って使う!」からこそ「自分が活用できるもの」が見つかるはずです。
万人に当てはまるやり方はありません。試行錯誤をしながら自身で見つけることが大切です。
(鹿児島県/久保力也さん)

ツール③ Facebookは「ネット掲示板」
Facebook

私は普段からFacebookを活用しています。 「SNS(ソーショルネットワークサービス)」って言葉だと難しそうですけど、私は「ネット上の掲示板」という認識で使っています。

その日行ったセミナーや空室が出た物件情報などを配信(私個人のつぶやきに近いですが笑)しています。Facebookの特長は「口コミ効果」が期待できる点です。私の独り言のような配信が「友人から友人の知人へ」と広がっていくのです。

ある日、お付き合いのある業者さんから「Facebookで空室と出ていたので、募集しておきますね」とご連絡をいただき、電話もメールも使わず募集を開始してもらえました。見てくれていた業者さんにも感謝ですね。

神奈川県 /林 浩一さん

SNS などネット用語だけで「難しい」と思わないでください。大事なのは「どう賃貸経営に活用できるのだろうか」と興味を持つこと、すべてはそこから始まります。
やってみたら「案外簡単だった」と思うことも多いはずです。食わず嫌いをせず「なんでもやってみる」心構えで頑張ってください。
(神奈川県 /林 浩一さん)

ツール④ 調べてみよう!スマートフォンアプリ
スマートフォンアプリ

突発的な業務(トラブル等)や定期的な業務(物件の清掃、業者への状況確認連絡等)が発生する中で、私自身「やらなければいけない業務」を忘れないようメモを残していたのですが、業務が増えるにつれ整理することが大変になりました。

もっと簡単に自分の業務を管理できる方法はないかと探していたときに「Todoist」というアプリを見つけました。

このアプリでは1日や1週間の行動予定に優先順位を付け業務を登録・確認でき、完了したらリストから消すことができます。
つまりネット上で自分の業務管理ができるのです。やることを思いついたら音声認識機能で登録、あとで業務期限や優先順位等を整理しています。

定期的な業務も毎週月曜日、毎月15日等も設定でき、自宅のPCから確認することもできるのでとても便利です。今では私には無くてならないツールです。

北海道 /原田哲也さん

「IT 大家.net」というサイトの運営もしておりますが、大家さん自身で所有物件のホームページを制作している方もいらっしゃいます。
皆さんもご自身で「こんなのあったらいいな」と思うアプリがないか検索をしてみて下さい。
無料有料ありますが、ダウンロードして使ってみてください。少しずつでも「ネットを活用する事」を覚えていく努力はしていきましょう。
(北海道 /原田哲也さん)



シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP