北海道大家塾ピックアップ!訪問 大家さんの会・協会編-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 大家の会 > 北海道大家塾ピックアップ!訪問 大家さんの会・協会編

北海道大家塾

北海道大家塾とは?
北海道大家塾の理念。大家業は、事業であり、サービス業であるという観点から、経営に取組む、自分だけが得するのでなく、常にWin-Win-Winの関係作りができる大家の集まりである。塾生同士がお互いをブラッシュアップし合えるような場を提供すること。
HP:http://www.hokkaido-ooyajuku.com/   
今回お答え頂いたのは!
塾長 原田 哲也 さん

1.設立した目的・経緯についてお聞かせ下さい。

 北海道大家塾はこのような考えで立ち上げました。

 私は「一般財団法人日本不動産コミュニティー」の北海道支部長として 、大家さんに「賃貸事業」の知識お伝えして、勉強してほしいと思っています。そしてその知識をもって、賃貸事業を通じて社会に貢献し皆さんがハッピーな大家さんになってほしい思っています。

 大家さんがハッピーでなければそこに住む入居者もその地域もハッピーになれません。
 つまり北海道の大家さんがハッピーになると北海道がハッピーになると考えています。

 不動産実務検定では車の教習所の座学のように、基本的な事を1級、2級講座と段階を踏んでそれぞれ12時間しっかりと学びます。当然基本が分かっていないと、大怪我をしますし、話にもついて来れません。

 懇親会等で具体的な突っ込んだお話をする事はありますが、いかんせん時間が足りません。  大家さんの悩みは、その大家さんによって様々なものです。

 しかし大家さんの悩みや疑問は、共通することが多く、これは定例で学びの場を提供し、しかも学ぶだけでは無く、皆で情報交換ができ、たまには大家業の愚痴(笑)も言い合える場を提供したいと思い、この「北海道大家塾」を立ち上げました。

2.会の特徴(力を入れていること・強み)をお聞かせ下さい。

 北海道大家塾は、参加費をいただき、しっかりとした「塾運営」を行ない、貴重な情報と人脈を手にできるように、ブレーンを総活用し毎回学びの場を提供致します。

 特に一般財団法人日本不動産コミュニティーの全国ネットワークで全国の多くの大家さんとつながっていますので、本州からも講師をお呼びできる事が強みです。

 現役の大家さんやこれから大家さんになりたい人でも、業者さんでも参加できるので多種多様なメンバーが参加しているのも強みです。

3.現在、主に行っている活動の内容についてお聞かせ下さい。

 年に6回程度の50人規模の勉強会と懇親会を開催しています。

4.現在の賃貸不動産業界の動向について、感じることまたお考えをお聞かせ下さい。

 多くのプレイヤーが参画して不動産業界は活況をていしています。

 しかし、知識不足や経験不足のかた、その地域の特性や物件の問題点を理解しないままに、買うことが目的になっている方も多いです。

 これからの賃貸経営は、時代的な後押しがなくなり、経営者として優れていなければ生き残っていくことが難しくなるでしょう。

 経営者として優れているということは、「人を動かすのがうまい」「仕組み化をできる」 「費用対効果を検討できる」等という「考える力」が必要になります。

 また賃貸経営は「住まいを提供する」大切な事業です。自分だけの利益を追求していては、そこに住む人も、関わる人も幸せになりませんし、そういった方は市場から退場することになるのではないでしょうか。

5.どんな会員が多いですか?

・会員数 500人(メール登録)参加人数は約50名/回
・中心年齢層 30代から50代くらいの比較的若い層です。
(メールやSNSでの告知が主流の為)

6.2015年度・会の新しい取り組みが有ればお聞かせ下さい。

 今年も本州からのゲストを迎えて行きたいですし、既に2回ほど来て頂いています。

7.アベノミクスでの影響は有りますか?

 あります。
 札幌では物件価格が高騰しています。中々私も買えません(笑)
 仕入れ価格は高いのですが、入居率にはさほど影響がないようです。

 しかしエリアによっては、賃料のアップもあります。

8.東京オリンピックに向けての不動産経営市場の変化についてのお考えは有りますか?

 東京オリンピックにむけて特に観光客2000万人の目標があります。

 札幌を含む北海道は外国人の観光先としては非常に人気が高く、今後このような観光需要や中長期滞在等も取り込む必要性があります。

 具体的には北海道大家塾に「airbnb」のプロモーション先から札幌の物件を重点的に増やしたい等のお話もあり、講演していただくことにもなっています。

 また、東京オリンピック後は、札幌オリンピックや新幹線の札幌延長というふうに、マクロ的に見ると不動産経営市場はポジティブな環境ではあります。

9.現在賃貸経営におけるお悩みがあればお聞かせ下さい。

 独居高齢者が増えてきています。私の物件にもそのような方が住んでいただいていますが、行政との仕組み化が必要かと思っています。

 具体的には痴呆等になられた独居の身寄りのない方をオーナーだけが抱え込むには限界があり、そうなってくると受け入れられないということにもなって来ます。

10.大家さんに向けて、伝えたいことなどコメントをお願いします。

 大家業を始めたキッカケはさまざまだと思いますが、最終的には「人が住む住まい」であり、お金儲けだけが目的になってはいけないのかなと思いますし、そうありたいと思っています。

 賃貸経営を通じて地域社会にプラスの影響を与えて行けるように、志の高い賃貸経営を目指していきたいですね。

 

 大家さんは、業者さんから見ると、経営者ではなくてお客さん「消費者」のようなみられ方をされています。

 大家さんが経営者になっていくと、業界主導の賃貸経営から、オーナー主導の賃貸経営に変わっていくと思います。

 北海道大家塾の三大理念をお伝えします。
 1.大家業は投資ではなく事業。全ての責任と結果は経営者自らにある!
 2.大家さんが集まって協力し経営が良くなると地域活性化できる。
   そして志を持った大家さんが北海道を活性化する!
 3.関係業者、入居者とオーナーの 「WIN-WIN-WIN」の関係作りを心掛ける!

名称 北海道大家塾
ホームページ http://www.hokkaido-ooyajuku.com/
所在地 北海道
設立 2010年

シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP