賃貸マンション・アパート建築会社の探し方-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 土地活用 > 賃貸マンション・アパート建築会社の探し方

賃貸マンション・アパート建築会社の探し方

シェア
ツイート
LINEで送る

建築会社・ハウスメーカーについて

アパート・マンションの構造には大きく分けて木造、鉄骨造、 鉄筋コンクリート造などの構造分類がありますが、各ハウスメーカー・地元工務店・建築会社ごとに得意分野があるようです。

まずはどのような立地にどの位の規模の建物をどんな構造で 立てようなどの事をご自身である程度決め、それに対し ハウスメーカー・工務店・建築会社を選び相談をすればスムーズに事が運ぶのではないでしょうか。

設計時のポイント

賃貸経営は建築後10年・20年・30年・・・という長い期間で行っていく為、いかに長い間安定的な収益を得る事ができるかを考えなければなりません。特に配管材や屋根材・外壁材などは耐久性を考えて選びましょう。

また、最近は騒音などでトラブルが頻繁に起こっている事を考えると、床・壁・天井などに防音材を充てんしたり、2重施工構造にするなど何らかの遮音性対策は行った方が良いのは言うまでもありません。

ココに注意!

設計段階で充分に検討・打ち合わせを行い、極力工事段階での変更は工事費の増額を招きますので控えましょう。

不動産会社に対する建築プランの相談も必ず・・・

高い建築費を払い立派なマンションを建築しても入居者がいなかったら何もなりませんし、最新の設備を多くしても維持費が高くなる為、出費も嵩んでくるでしょう。

周辺の建物のグレードと比べ、あまりにもかけ離れたグレードのものを計画しているなら、事前に日々お部屋を探している方と直に接している不動産・管理会社にどんなお部屋が人気があるのか・自分が計画しているグレードでも入居者は入りそうか等をリサーチする事も必要です。立地や環境に関する調査結果に基づきその土地にあった事業・設計プランを行いましょう。

ハウスメーカー、地元の工務店、建築会社、どこに依頼する!?

ハウスメーカーと工務店、どちらに依頼するかは個々のケースにより変わってくるでしょう。例えばハウスメーカーはプランのバリエーションが豊富ですから、予算に合わせたプランを選ぶ事も可能です。

一方工務店はプランという制約が無い事が多く、ある程度自由に建てる事が可能です。 どちらもメリット・デメリットがありますので、自分はどちらが合っているのか下記のポイントを参考にして下さい。

※3・4階以上の鉄骨・鉄筋コンクリート造の場合、建築会社に依頼する事が多いようです。

ハウスメーカーと地元の工務店のメリット・デメリット

ハウスメーカー

メリット
  • メーカーのプランで納まれば費用が安い。
  • マニュアルがある為、チェック項目が決まっている。
  • 賃貸経営に関するアドバイスなどあり。
  • モデルルームなどで物件を見れる。
デメリット
  • プランの制約を超えてしまうと料金が上がる。(規格品が多い為、敷地形状の制約を受ける可能性あり)
  • 提案時と担当者が変わってしまう可能性が大きい為、コミュニケーションが取りずらい。
  • 打ち合わせのスピード・提案力・が欠ける場合もある(※工務店によって異なります)
  • 賃貸経営に関するアドバイスなどはハウスメーカーに比べると弱い

地元工務店

メリット
  • 全体的に費用が安い
  • プランによる制約はあまりない為、ある程度融通が利く
  • 完成後も基本的に担当者が変わらない為、コミュニケーションがとりやすく一生のお付き合いが可能
デメリット
  • 打ち合わせのスピード・提案力・が欠ける場合もある(※工務店によって異なります)
  • 賃貸経営に関するアドバイスなどはハウスメーカーに比べると弱い
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP