相続税改正による「小規模宅地等の特例」について|改正相続税施行で気になる相続税!-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】学んで得する税務コラム > 相続税改正による「小規模宅地等の特例」について|改正相続税施行で気になる相続税!

改正4.『小規模宅地等の特例』

特例の適用対象となる宅地等の免責等が変わります。

シェア
ツイート
LINEで送る

一方、一生懸命働いて財産を増やしてきたのは、亡くなった被相続人で相続人はその財産を相続した(もらった)だけ、つまり所得税の納税義務者だったのは亡くなった被相続人で、相続税の納税義務者はその被相続人の財産を相続した相続人であって、亡くなった被相続人ではないことから相続税と所得税は二重課税ではない!と言う考え方もあります。

昨今の税制は、消費・所得・資産に課税されています。物を売ったり買ったりしたら消費税を支払い、儲かったら法人税や所得税支払い、それでも残った財産には最後の最後に亡くなったら相続税が課税される、相続税は『最強の税金』ですね。

いろいろ考えても現実に日本においては相続税法が存在していますし、特に富裕層に対する税金と考えられているため、将来的にも更に課税は強化されていくことが予想されます。特に不動産経営をされている方々は、新しい相続税法の施行により増税は必至ですから早めの相続対策を考えられた方がよいかと思います。
ということで次回のテーマは「相続税対策」について考えていきます。

税理士法人 米田会計
税理士 米田 和弘
〒330-0032
埼玉県川口市中青木4-3-21
TEL:048-255-0810
FAX:048-255-0819
MAIL:office@yoneda-kaikei.com
営業時間:9:00~17:00
HP:http://www.yoneda-kaikei.com
シェア
ツイート
LINEで送る
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP