相続税の課税財産を生前に少なくする|改正相続税施行で気になる相続税!-賃貸経営博士-

×
不動産投資
専門家に相談
その道のプロ
交流する
月刊誌
←賃貸経営博士
賃貸経営博士 > 相続 税金 > 【web版】学んで得する税務コラム > 相続税の課税財産を生前に少なくする|改正相続税施行で気になる相続税!

ポイント2.相続税の課税財産を生前に少なくする

シェア
ツイート
LINEで送る
【暦年課税による生前贈与】

生前に財産を贈与してしまい、相続税の課税財産を少なくしてしまえば、相続税を減らすことが出来ます。 しかし、その生前贈与した財産には贈与税が課税されることになります。

贈与税は相続税より基礎控除が低く、税率が高く設定されています。

これは贈与税が無い、又は相続税より低いと亡くなる前に財産を贈与してしまい誰も相続税を支払う人がいなくなってしまうためです。
ですが、生前贈与税は、人(本来、相続人ではない子の配偶者や孫など)と時期(相続は被相続人の死亡のみ、生前贈与は任意)を選べることにより相続税の節税が可能となります。

相続税と贈与税の対比

基礎控除額
相続税→3000万円+600万円×法定相続人の数
贈与税→贈与を受ける人1人あたり年間110万円

シェア
ツイート
LINEで送る
  ⇒ 失敗する「残念な経営者」の思考回路ってどんな感じ?? >>
お名前*
メール*
住所*
※お試し無料購読は1年に1冊の配送となります。
(何月号が届くかは指定できません)

新着!大家さんのお悩み相談

あなたにおすすめの収益物件

大家さん・投資家さんのためのセミナー・勉強会・相談会

関連キーワード

⇒ 神経質な経営者の方が成功するって本当?
[特集]
   日本の社長の実態!?社長の性格本性とは…
   40歳でサーフィンを始めた社長の物語!?

PAGE TOP